うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

いつでも安心していられるために

2018.06.05


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 

 気を使い過ぎて疲れていませんか?

 

 

 思い通りにいかず、イライラしたりしてませんか?

 

 

 やりたいことを見失ってませんか?

 

 

 実は、私…

 

 

 ちょっと、最近スランプ気味です。

 

 

 なかなか書くことが決まりません。

 

 

 何とか書けても…

 

 

 毎回同じようなことを書いてる気がするというか…

 

 

 マンネリ化してきた感じがするというか…

 

 

 書きたいことを書いてるというよりも、気に入ってもらえるものを書こうとしている気がするんです。

 

 

 それは悪いことでもないんですが…

 

 

 自由じゃないんです。

 

 

 誰かの指示で書いてるわけではないのに…

 

 

 自由に書いているというより、書かないといけないことを書いてる感じ。

 

 

 変ですよね。

 

 

 いろいろ伝えたいことがあって書き始めたのに、書けなくなるなんて。

 

 

 もっと話したいことがあるのに…

 

 

 話そうとすると出て来なくなる。

 

 

 まるで、好きな人を目の前にした時のように。

 

 

 あっ!そうか!

 

 

 そういうことなんですね。

 

 

 話せないわけじゃないんだ。

 

 

 伝えられないわけじゃないんだ。

 

 

 ただ、相手のことを意識し過ぎて、言葉が出てこないだけなんですね。

 

 

 いいことを言おうと思ったり…

 

 いい人だと思って欲しかったり…

 

 いい関係を築きたいと思ったり…

 

 それはそれで悪い事ではないけど…

 

 そればかりを意識し過ぎると、自分をなくしてしまう。

 

 

 自分に嘘をついてるつもりはない。

 

 

 でも、本当の自分でもない。

 

 

 本当の自分は、つまらなかったり、汚れていると感じていたり、悪い人間だと思う時もあるかもしれない。

 

 

 でも、それは自分でそう思っているだけであって、誰かに言われたわけではないんですよね。

 

 

 思い切って正直に自分を出せば…

 

 意外と受け入れてくれるもの。

 

 

 それまで隠していたことがバカバカしく思えたりするものです。

 

 

 とは言っても、身近な人間に自分をさらけ出すのは怖かったりします。

 

 

 近ければ近いほど反応が怖いから。

 

 

 だから、会ったことがない人の方が自分をさらけ出したりできる。

 

 

 不思議ですよね。

 

 

 本当は、身近な人に自分を分かってもらった方がリラックスできるのに。

 

 

 身近な人に自分を隠して、身近ではない人に自分をさらけ出せる。

 

 

 そして、身近ではない人と安心して話せるけど、身近な人には緊張する。

 

 

 もったいないですよね。

 

 

 あなたは、いかがですか?

 

 

 安心して一緒にいたい人に、本当の自分をさらけ出していますか?

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、わたし自身のウツ病経験を踏まえて様々な支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。