うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

見えないものを可視化する

2018.03.18


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 早いもので、義父が亡くなってから1ヶ月が経とうとしています。

 

 そして、お葬式の時に娘から貰った宿題もやらずに1カ月が経ちました。

 

 実は、娘に言われていたんです。

 

 「中野家の家系図を作って」って。

 

 うちは、普通から比べると少しだけややこしい家系だということもあり、娘達もずいぶんと混乱をした様です。

 

 父は3人兄弟の長男。

 母は7人兄弟の末っ子。

 

 そういうこともあり、私には従妹が10人以上います。

 

 でも、両親の仲が悪くなってから…そして両親が離婚してからは余計に…親戚付き合いが薄くなりました。

 

 それでも、年賀状のやりとりだけは出来るだけ続けていたんです。

 

 だから、娘達も名前だけは見たことがあるけど、会ったことがない親戚が大勢いることも分かっていました。

 

 そして、父が再婚をして、男の子が4人産まれており、娘達にとっては、名前も知らない伯父さんがいる事も。

 

 そして、母が再婚をして、義父の孫と遊んでいたこともあります。

(間柄を説明するのは、凄く難しい)

 

 だから、義父のお葬式で会った時に「久しぶりだね~大きくなったね~」と娘達も懐かしがっていました。

(間柄を説明するのは、凄く難しい)

 

 その上、火葬場での待ち時間に母が「○○ちゃんの所の子供が、ちょうどあんたらと同じ学年やわ」とか「△△ちゃんの所の子供が変った名前で…」という話をするものですから、その度に娘が「○○って誰?△△って誰?」という顔で私の方を見ていまして。

 

 「全くわからないから、お父ちゃんが書いて整理してよ

 

 って娘に言われたんです。

 

 そして、母も「それはええな。私が元気なうちに聞いてくれたら、私しか知らん親戚の話もしておきたい」と。

 

 

 あれから気になっていたんですが…

 

 

 いざ書こうとすると「面倒だなぁ」って。

 

 まず「どんなアプリで書くべきか」という所から悩ましいわけです。

 

 「なんかいいアプリはないかなぁ

 

 そう思っていたら…ありました。

 

 その名も『みんなの家系図』

 

 スマホからも書けて、パソコンでも書ける優れもの。

 

 人と人との間柄を指定すると、自動的に線を引いてくれます。

 

 ちょっと楽しくなって、一気に書きあげました。

 

 とりあえず私の従妹の範囲まで。

 

 書いている間に、従妹の顔がふっと浮かんできたりして…

 

 懐かしいなぁ~。久し振りに会ってみたいなぁ~。

 

 そんな気持ちにもなりました。

 

 

 でも、まだ完成ではありません。

 

 まだ私が知らない従妹がいるらしいので…苦笑

 

 とりあえず、今月末に49日があるので、その時にこの家系図を母に見せて、抜け漏れがないか確認してもらう予定です。

 

 目には見えない関係ですけど、こうやって図にすると、わかりやすくなるものですね。

 

 あなたも作ってみませんか?



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。