うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

やるべきか、やらざるべきか悩む時

2017.08.24


うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 どっちにしようか迷う時って、ありますよね。

 

 些細なことで言えば、
・お昼は、コンビニで済ませるか否か
・ファーストフードで済ませるか否か
・日替わり定食を頼むか自分で選ぶか

 

 お昼ご飯の例ばかりになってしまいましたが…

 

 こんな些細なことなら、その判断を間違え(?)たところで大きな影響はありませんが、中には大きく影響する判断もありますよね。

 

・その会社に就職する方が良いのか
・その人と結婚する方が良いのか
・目の前のチャンスを掴むのか否か

 

 どれも、大きな影響を受けます。

 

 でも、未来のことは分からないので(予知能力がある人は別でしょうが)どっちの判断が正しいかなんて自信が持てません。

 

 でも、最終的には自分で決めるしかないわけで…

 

 いろんな人に相談して、納得できる答えを見つけるしかありません。

 

 しかし、いつまでも判断を先延ばしするわけにはいきません。

 

 特に、目の前のチャンスなどはすぐに決めないと逃してしまいます。

 

 相談してる時間もありません。

 

 こう言った時に、誰かの言う通りにすることで、自分が責任を負う事から逃れようとする人もいますが、あまりお勧めできません。

 

 何か上手くいかない結果になると、その人のせいにしたくなりますから。

 

 自分の人生を、誰かのせいにしても仕方ないですよね。

 

 では、相談する時間もないし、誰かの言う通りにもしたくない場合には、どうすればいいのでしょうか。

 

 その答えは…

 

 自分の身体に聞くということ。

 

 自分の身体に聞く方法は、いくつかあります。

 

 少しだけ紹介しますので、あなたがやり易い方法を選んでくださいね。

 

方法1.口にして「しっくりくるか」を確かめる。
例:「私は、あの会社に就職する」と口に出してみて、その言葉がしっくりくるかどうかを確かめる。

 

方法2.身体からの信号で確かめる
例:「このチャンスを掴むべき?」と聞いて、信号がYESかNOかを、確認する。
(詳細は『無意識に質問する方法』を参照してください。)

 

 他にも、身体に聞く方法はありますが、多少訓練が必要になりますので、ここでは割愛します。

 

 ご興味があれば、ご連絡ください。

 

 それでは、良い決断を。

夢をワクワク叶えるセミナー〜今年こそ!あなたの夢を叶えませんか?〜

 うつ病に伴う悩みや心配について、わたし自身のウツ病経験を踏まえて解決に向けた支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

サービス案内は、こちらをクリック。

 

 イベントもやってます。こちらにも気軽にお越しください。



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。