うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

気を付けます。

2018.08.14


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 

 知らないって怖いですね。

 

 

 分けも分からずいろんな情報に振り回されて、結局、何をやっているのかわからないまま操られてしまいます。

 

 

 今日は、それを強く実感しました。

 

 

 きっかけは単純なことでした。

 

 

 外にいながら、家のパソコンを操作をしたい。

 

 

 って思ったんです。

 

 

 大体のことは、スマホでできる時代なんですが、パソコンでしかできないことも一部あります。

 

 

 でも、そんな一部のことのためだけにパソコンを持ち歩くのは嫌です。

 

 

 でも、そんな一部のことのためだけに急いで家に帰るのも嫌です。

 

 

 だから、持ち歩きたくはないけど、使いたい時にはすぐ使えるようにしておきたい。

 

 

 わがままと言えばわがままなんですが、そんなことができないかなぁって思っていたんです。

 

 

 そんなことを思いながらネット検索をしていたら…ありました。

 

 

 スマホで自宅のパソコンを遠隔操作する方法。

 

 

 「これこれ!これが欲しかった!」

 

 

 で、さっそく読んでみるのですが…

 

 

 何を言ってるのかサッパリ。

 

 

 一応、IT系の仕事をしてきた人間としては、軽くショック。

 

 

 そりゃ、IT系と言ってもいろんな仕事があるので、全てをわかっているつもりもありませんし、わかってないといけないとも思っていません。

 

 

 でも「説明を読めば、なんとなくはわかる」というつもりだったんです。

 

 

 それが…まったくわからない。

 

 

 でも…とりあえず、わからないものはわからないなりに、書いてる通りにやってみたらわかるようになるかも。

 

 

 そう思ってやってみたんですが…

 

 

 うまくできません。

 

 

 「どこかで、ミスったかなぁ~」

 

 

 と何度も見直しましたが、書いてる通りにやったはずなんです。

 

 

 「あぁ!もう!やめた!」

 

 

 そうやって、一度は諦めるわけですが…やっぱり、諦めきれず…

 

 

 他の方法がないか検索してみると…

 

 

 あったんです。別の方法が。

 

 

 今度は、そっちを読んでみると…

 

 

 書いてありました。

 

 

 私がやってみてダメだった方法は、多くの人が試して挫折してる方法で、情報がかなり古いとのこと。

 

 

 最新の方法でやれば簡単だ。と。

 

 

 「マジか!最初から、こっちを見ておけば良かった!

 

 

 と、そのやり方を試すわけですが…

 

 

 それでもうまくいきません。

 

 

 また諦めかけたら、今度は他の記事に「このアプリさえいれれば、すぐにリモート接続できますよ」的なことが書いてあり…

 

 

 「今度こそ!」

 

 

 とチャレンジするわけですが…

 

 

 それもうまくいかず…

 

 

 現在、また諦めかけの状態です。

 

 

 で、ふと気が付いたんです。

 

 

 外部からリモートでパソコンを操作したかったのに、外部からリモートで操作されているのは私自身だ。って。

 

 

 意味もわからずいろんなことをさせられて、何がどうなっているのか全く把握できていないまま。

 

 

 悪意を持った人達に操作されても、全くわかりません。

 

 

 というか、すでに操作されるかも。

 

 

 知らないって本当に怖いですよね。

 

 

 その人が言ってることが、合ってるのか間違っているのか判断できませんから。

 

 

 わけもわからず、指示通りに動いてしまいますから。

 

 

 同じことが、うつ病の世界でも言えます。

 

 

 ある程度わかってくると「この人が言ってることは怪しいぞ」とか「この人が言ってる通りにすると危険だな」って気づきますが、はじめてウツ病になった人とか「家族がウツ病になってなんとかしたい」と思ってる人には、ウツ病に関する情報は、藁にもすがる気持ちだと思います。

 

 

 そして、最初に掴んだものが正しいと思って、わけもわからず、指示通りに動いてしまう。

 

 

 そして、病気が悪化する事態になるまで、間違いだったと気づかない。

 

 

 気づけない。

 

 

 そして…病気が長期化してしまう。

 

 

 そして…また別の方法に頼って…

 

 

 悪循環です。

 

 

 そうならないために、わかっておいて欲しいことがあるんです。

 

 

 とても当たり前過ぎて、多くの人が忘れがちなんですが…

 

 

 とてもシンプルなことなんです。

 

 

 それは…

 

 

 病気かな?と思ったら医者に行け!

 

 

 ただそれだけのこと。

 

 

 初めてウツ病になった時、心療内科や精神科を受診するのは恐怖だと思います。

 

 

 誰かに見られたらどうしよう。

 

 うわさになったらどうしよう。

 

 変な目で見られたらどうしょう。

 

 

 とか、いろいろ考えるでしょう。

 

 

 私もそうでした。

 

 

 でも、だからと言って、医者に行かずに治そうするのは間違いです。

 

 

 治療は医療資格を持った人しかできないんです。

 

 

 医療資格を持っていない人が治療をしようしたら違法です。

 

 

 だから「この方法で確実に治る」と言ってる人が、医療資格を持ってない人だとしたら、そんな人のことを信用しちゃダメです。

 

 

 また「医者に薬漬けにされる」とか「薬を飲んでも治らない」と言ってる人も信用しちゃダメです。

 

 

 って、私も、初めてウツ病になった時は真に受けて、いっそう医者に行くのが怖くなった一人ですが(笑)

 

 

 でも行けばわかります。

 

 

 他の病気と同じ様に、症状に合わせて、薬を処方してくれるだけだって。

 

 

 ただし、医者選びは慎重にする方がいいです。

 

 

 受診してみて「何か合わないなぁ」と思ったら、別の先生を探す方がいいです。

 

 

 「そんな自分の感覚でいいの?」

 

 

 って思うかもしれませんが、それが一番大事なんです。

 

 

 短くても半年、普通は1年くらいは通院することになると思います。

 

 

 そんな長い付き合いになる先生ですから、合うか合わないかとても重要。

 

 

 他の何より、あなたがどう感じるかが重要なんです。

 

 

 病気を治すことに専念したいのに、先生に会うことがストレスなんて…

 

 

 治る病気も治りませんよ。

 

 

 あっ!!医療関係者でもないのに、「治りません」なんて言っちゃった。

 

 

 これじゃ、私も信用されませんね。

 

 

 私も気をつけま~す。

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、わたし自身のウツ病経験を踏まえて様々な支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。