うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

まるで、今日という日のために

2019.02.26


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 今までやってきたことは、無駄ではなかった。

 

 そう実感できました。

 

 これまでに、いろんなことをやってきましたが、それらが一気に繋がってきた感じがします。

 

 まるで、今日のこの日を迎えるために、やってきた様な気がしています。

 


 

 引越しの荷造りが、少し落ち着いてきました。

 

 まだ、全然片付いてはいませんが、大きなものは目処がついた感じです。

 

 ですから…

 

 しばらく我慢していた『通信大学』の勉強に着手します。

 

 やっぱり、待ちきれませんから。

 

 引越しが終わるまで、教科書を見ることもできないなんて。

 


 

 『通信大学』の勉強をすると言っても、今までやったことがないわけですから、どこから手をつけたらいいのかわかりません。

 

 どの教科書から読もうかなぁ〜

 

 そんなことを思いながら、教科書のタイトルだけ目で追っていると、中に『解説!通信教育の学習方法』というDVDを見つけました。

 

 「まずはこれから見てみるか?」

 

 そう思ったのが夜の12時。

 

 「DVDを見てから、お風呂に入ると、寝るのは何時になるんだろう…」

 

 そう思いながら諦めかけた時、ふと

 

 「DVDの映像をスマホに取り込んで、通勤の途中で見たらええやん

 

 と思いつき、とりあえずはDVDの映像を取り込む処理を実行して、待ち時間に、お風呂に入りました。

 


 

 翌朝、通勤途中で映像を見ました。

 

 そこで学んだ点は、

 

・まずはレポート課題の提出が重要

・教科書を効率的に読む必要がある

・いかにヒントを見つけ出すかが勝負

 

 ということ。

 

 これには、リードフォーアクションで習った、速読の技が使えそうです。

 


 

 帰宅して、早速、ある教科書で試してみました。

 

 なんとかいけそうです。

 

 そして、読んでいたら、ある言葉が目に入ってきました。

 

 ・データ駆動型処理

 ・概念駆動型処理

 ・階層的ネットワークモデル

 ・スキーマ理論

 

 「えっ?!これって、今までやってた仕事でも使ってた言葉やんか!

 

 ずっと、IT特有の言葉だと思ってましたが、心理学で使われている言葉だとは知りませんでした。

 


 

 どこで何が繋がるか分からないものですね。

 

 心理学の勉強を諦めて、ITの世界に入りましたけど、思い切り繋がっていました。

 

 ある方に勧めて頂いたのをキッカケに、リードフォーアクションの速読法を学んだことも繋がっています。

 

 DVDの映像をスマホで見れないか試行錯誤したことも繋がっています。

 

 まるで、今日という日のために準備をしてきたように。

 

 無駄なことって、何一つないのかもしれませんね。

 

 少なくとも、やってみたいと思ったことなら、何でも役に立つものです。

 

 あなたは、諦めていませんか?

 

 「これって無駄なんじゃないの?」

 

 なんて思って。

 

 でも…無駄になんてなりませんよ。

 

 きっと。

naruyouninaru

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。