うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

幸せになるために、ただ一つのこと

2018.06.17


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 

 目の前のことに集中出来ている人は幸せ度が高い。

 

 

 こう聞いて、あなたは信じられますか?

 

 

 私は、信じられませんでした。 汗

 

 

 だって、集中すると疲れるし、肩も凝るし、頭も疲れると思うので。

 

 

 集中するよりは、集中してない方がリラックスできて幸せになれるはずだと思っていたので。

 

 

 でも、膨大なデータを調査した結果から分かったことだと言われたら信用するしかありません。

 

 

 これらの結果を得るために、サイトを立ち上げて、iPhoneを使って1万5千人以上の人からデータを収集したそうです。

 

 

 何分か置きに質問をして、その人の幸福度が上がったのか下がったのかを観察したそうです。

 

 

 そして、誰と何をして何を考えてる時に、幸福度が上がるのか下がるのかを調べたそうです。

 

 

 そして、年齢、職業、家庭環境の違いなど様々な人から集めた結果をもとに、何が一番幸福度に影響を与えるのか判明したことが…

 

 

 目の前で起きている事とは別のことを考えていると幸福度が大幅に下がるということだった。

 

 

 驚きました。

 

 

 私は、何かをしながら別の事を考えたり、同時並行に何かを進めたがる、『ながら族』ですから。(死語?)

 

 

 テレビを観ながらご飯を食べたり…

 

 

 朝ご飯を食べながら、今日やることを考えたり…

 

 

 通勤電車の中で、音楽を聴きながらパズルゲームをしたり…

 

 

 考えてみたら、一つの事だけを集中してやっている時ってないかもです。

 

 

 仕事をしてる時も、資料を作りつつ「これはお客様が喜ぶだろうか」とか「他に追加すべきことがあったかも」とか考えながらやってますから。

 

 

 それはそれで悪いことではないかもしれないけど…

 

 

 それでは幸せになれないらしい。

 

 

 幸せになるためには目の前のことに集中しなさい。

 

 

 そう教えてくれた気がします。

 詳細は、このTEDをご覧下さい。

 

 

 でも…

 

 

 なかなか難しいんですよね。

 

 

 昔からよく怒られていましたから。

 

 

 目の前のことに集中しなさい!

 

 って。

 

 そして、○○しなさい!と言われると、急にやりたくなくったりして…汗

 

 

 だから、少しずつ初めてみようかと思っているんです。

 

 

 食べる事だけに集中して食べる。

 

 

 歩く事だけに集中して歩く。

 

 

 まずは、そんな事から始めてみようかと。

 

 

 あなたなら、幸せになるために何に集中したいと思いますか?

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、わたし自身のウツ病経験を踏まえて様々な支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。