うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

未来日記を書いてみるということ

2018.06.16


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 いつものように、自転車で買い物に行こうと思ったら…

 

 いろいろと足りないものがあることに気が付きました。

 

 いつもだったら、2リットルのお茶を6本、1リットルの炭酸水を2本、あとは食材をいくつか…だけなので、大きなリュックさえ背負えば自転車で買い物に行けるのですが。

(帰りは14KGを背負うため辛い)

 

 お米がないし、お酒も足りない。

 

 トイレットペーパーも足りない。

 

 

 これだけの量を、自転車で運ぶのは無理です。

 

 

 体力的にもそうですが…そもそも、自転車のタイヤが持ちません。

(普段でも悲鳴をあげているのに)

 

 

 それに雨が降らないとも限らない。

 

 

 もうそうなったら、最悪です。

 

 

 こういう時に、車があると便利ですよね。我が家にはありませんが。

 

 

 というわけで、レンタカーを予約。

 

 

 便利な世の中になりましたよね。

 

 

 借りたいと思った当日でも、ネットで予約ができるんですから。

(車の空きがあればの話ですが)

 

 で、いくつか探して…ありました。

 

 14時~20時の6時間で、保険もつけて、6~7人乗れるミニバンが、5千円強。

 

 でも、買い物のためだけに5千円強も払うのはもったいないと思うので…

 

 既に出かけていた妻や娘達に連絡。

 

 「車を借りて、出かけようと思う

 

 その日の思いつきで、すぐ行動するのはよくあるので、家族も驚きません。

 

 ちょうど次女は、洋服入れも欲しいと思っていた様でちょうど良かった。

 

 みんなが帰宅するのは夕方くらいになるので、それまでの間に食材などの買い物を済ませる。

 

 せっかくなので2リットルのお茶を12本、1リットルの炭酸水を6本、お米を20KG、焼酎を4リットル、肉を1KG、野菜もたくさん購入。

 

 買ってきたものを整理している頃に娘達が帰宅。

 

 着替えるのを待ってすぐ出かける。

 

 車で出かけるのは久しぶりなので、(正月に車を借りた以来)娘も楽しみな様子。

 

 

 いろいろと回りました。

 

 家具を見に行ったり…

 

 アウトドア用品を見に行ったり…

 

 そして…

 

 心地よい疲労感に包まれて帰宅。

 

 私以外を家におろして、レンタカー店に車を返却。

 

 家に帰ってきてから、夕飯とお酒。

 

 なんかやりきった感があります。

 

 充実した感じで床につきました。


 という今日の未来日記を、午前中に書き終えました。

 

 多少、予想と違う点もあったけど、大体はこんな感じでした。

 

 あなたもいかがですか?

 

 その日の朝に、その日の未来日記を書いてみませんか?

 

 未来は自分の手で作り出せるということを、より強く実感できますよ。

 

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、わたし自身のウツ病経験を踏まえて様々な支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。