うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

「ありのままの自分=価値がない」ではないということ

2018.09.19


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 先日のブログの中で「私の考え方が間違っていたということを、うつ病になったことで初めて気づいた」という話をしました。

 

 そして「あくまでも私の場合はそうだったということであって、うつ病になることを推奨してるわけではない」という話もしました。

 

 それどころか「うつ病にならないで欲しいし、私のように再発を繰り返すことがないようにして欲しい」という話もしました。

 

 うつ病にならなくても、再発を繰り返さなくても、気づけるようになって欲しいと思ってブログを発信してる。

 

 そんな話もしました。

 

 だから、今日も書いています。

 

 私が気づいたことなんて、とっくに気づいてるという人もいるはずです。

 

 わざわざ言うほどのことでもないと思う人もいると思います。

 

 でも…

 

 このブログを見たことがキッカケで何かに気づけたという方がいるなら…

 

 それでいいと思っています。

 

 それがたった1人であっても。


 今回とりあげたいのは、

 

 「ありのままの自分=価値がない」という思い込みです。

 

 これを聞いて

 

 「えっ?これって思い込みなの?」

 

 「間違った考え方なの?」

 

 と思った方は…

 

 大歓迎です。

 

 ようこそいらっしゃいました。

 

 そういう方にこそ読んで欲しい内容です。

 

 少しでも早くその思い込みを解いて無理のない人生を歩み続けて欲しいと思っています。

 

 その一方で、既に

 

 「ありのままの自分=価値がないなんていうのは間違った考え方なんだと気づいている方にとっては、この話は当たり前すぎると思うかもです。

 

 

 だから、あまり面白くないかもですが「こんな説明の仕方もあるんだな」くらいの軽い気持ちで読んで頂ければ幸いです。

 

 

 前置きが少し長くなりましたけど、そろそろ中身に入ります。

 

 

 まず、今回のゴールは

 

 「ありのままの自分=価値がない」という考え方は間違ってるということをわかってもらうことです。

 

 そのために、この式が間違ってるということを証明する必要があります。

 

 

 今回はその証明方法として、まずはこの式が正しいと仮定してみます。

 

 

 正しい仮定した上で、いろんな場合を当てはめてみて、この式が成り立たないことを証明したいと思います。

 

 

 な~んて、難しそうなことを言ってますが、別に難しい計算式をこねくりまわすわけではありません。

 

 

 そこは、ご安心ください。


■「ありのままの自分=価値がない」は正しいと言えるのか。


 まず「ありのままの自分」でいる人と聞くと、どんな人をイメージしますか?

 

 

 もしかしたら芸能人かもしれない。

 もしかしたら芸術家かもしれない。

 もしかしたら有名人かもしれない。

 

 

 仮に、その人をAさんとして…

 

 

 「ありのままの自分」を「Aさん」で置き換えてみます。

 

 すると…

 

 「Aさん=価値がない」

 

 となって…「というわけで、この式は間違いだと言えるわけです」

 

 

 な~んて説明で素直に納得するなら楽ですが…そうはいきませんよね。笑

 

 

 こんなことをしたって、反論されて終わりです。

 

 

 Aさんは元々、能力がある人だからありのままの自分でいられるんだ。

 

 

 そう言われたらおしまいです。(笑)

 

 

 だから、それほど能力がなく、かつ『ありのままの自分』でいる人を例にしたいわけですが…

 

 

 そんな人…いました。

 

 

 赤ちゃんです。

 

 

 赤ちゃんには能力はありません。

 

 そしていつも『ありのままの自分』でいます。

 

 自分を偽る方法も知りません。(笑

 

 偽る必要性がありませんから。(笑

 

 

 そんな赤ちゃんを、式に入れます。

 

 

 すると…

 

 

 「赤ちゃん=価値がない」

 

 

 となるわけですが…さすがにこれは間違いだと分って頂けますよね。

 

 

 これが正しくないなら「ありのままの自分=価値がない」も正しくないと言えるわけです。

 

 

 どんな反論が考えられます?(笑


 ところで…その赤ちゃんですが…

 

 何故赤ちゃんならいいんでしょう。

 

 なぜ『ありのままの自分』でいてもいいのでしょう。

 

 可愛いから?愛されてるから?

 

 何をしても許される時だから?

 

 仮にそうだとして…

 

 あなたがやらない理由は何ですか?

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。