不安を手放し、安心を手に入れる

大嫌いな人と一緒にいる必要があるときに

2017.08.22


うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 

 あなたの人生の中で、

 

なんで、そんなことを言われなきゃいけないの?!

 

なんで、人のせいにするの?

 

なんで、上げ足ばっかりとるの?

 

 って思った時はありませんか?

 

 一度くらいはありますよね。

 

 私は、何度もあります。笑

 

 特に、仕事をしていた時は。笑

 

 システム関係の仕事をしていると、必ずと言っていいほど、理不尽なことを言ってくる人がいるんです。

 

 まぁ、システム関係の仕事に限ったことじゃないんでしょうけどね。 笑

 

 とにかく、そう言う理不尽なことを言う人に会うと、こう思ってました。

 

・二度と、あんな人とは関わらない

・少なくとも、あの人とは関わらない

・あんな人の手助けなんてするもんか

・もう、顔を見るのも声を聞くのも嫌

・もう、思い出したくもない

 

 そして、そう言う人には近寄らない様にしてました。

 

 

 しかし、そう簡単には行かない場合があります。

 

 

例えば、

・長期間関わることになるお客様

・同じ部署の人や、一緒に働く仲間

・親、先生、社長等、影響力がある人

 

 など、近寄らない様にしたくても、そうはできない人っていますよね。

 

 そもそも、自分が相手を嫌っていることさえ気づかれたくないはずです。

 

 だから、本当は大嫌いなんだけど、嫌ってないフリをしなきゃいけない。

 

 本当は大嫌いなのに、笑顔を見せる必要がある。

 

 疲れますよね。

 

 その人に会う度に、自分に嘘をつき続けるんですから。

 

 本当は嘘なんかつきたくないのに、嘘をつかないと生きていけないなんて嫌ですよね。

 

 その辺を、みんなはどうやっているんだろうと不思議に思ってました。

 

 そして、その辺を上手くやってそうな友人に聞いたことがあるんです。

 

 

嫌いな人の前で、どうやったら笑顔でいられるの?

 

って。

 

 

 そしたら、教えてくれました。

 

その友人は、嫌いな人を見ながら

・私は、この人が大嫌いなんだよね〜

・この人は気づいてないんだろうな〜

・うゎ〜楽しそうに話しかけてくる〜

・嫌われてるとも知らずにかわいそう

・本当は寂しがり屋なのかもしれない

 

って思うそうなんです。

 

 そうすると、だんだん可愛く思えてくるんですって。

 

 そして、自然な笑顔になるどころか慈しみの気持ちも湧くそうです。

 

 

 まぁ、これなら嘘をつく必要はないですよね。

 

 

 もし、あなたが大嫌いな人と一緒にいる必要があるけど、素直な気持ちで居たいと思う時は、こんな方法もあることを思い出してください。

 

 そして、出来るだけ楽にいて欲しいと思っています。

 

 

 ただし、この方法は最終奥義として内緒にしてくださいね。

 

 

 こういうスタンスで関わってることが漏れると、いままで仲が良かった人にまで「本当は嫌われてるかも」って疑われる可能性がありますから。 笑

 

 

 じゃぁ、なぜ私は漏らしてるのか。

 

 それは、私は使ってないからです。

 

 というか、私はこの方法が使えないんです。

 

 嫌いだと思う気持ちが、すぐに顔に出てしまうんです。 笑

 

 だから、諦めました。

 

 そして、相手に嫌われる勇気を持ちました。

 

 そして、そういう人は私から離れていきました。

 

 そして、私の周りには私が居心地が良いと思う人しかいなくなりました。

 

 それでいいと思っています。

 

 えっ?もしかしたら、周りの人が、私に対してこの方法を使ってるのかもしれないって?

 

 それでも、いいです。 笑

 

 相手が本当はどう思ってるかなんて分かりません。

 

 それで、いいんです。

 

 大事なのは、私が相手を好きに思う気持ちですから。

 うつ病に伴う悩みや心配について、わたし自身のウツ病経験を踏まえて解決に向けた支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

サービス案内は、こちらをクリック。

 

 イベントもやってます。こちらにも気軽にお越しください。



PDF

関連記事

Events

  • No Events

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。