不安を手放し、安心を手に入れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通勤中のちょっとした工夫(セロトニンを増やす方法4)

2016.07.13


継続は力なり。小さなことも続ければ大きなことが達成できます。なので、小さく続けられるセロトニンを増やす方法を紹介します。

 

◎歩くことでセロトニンが増える

実は、歩くことでセロトニンが増えることがわかっています。実際は、歩くことでというよりも、歩くことも含む反復運動でセロトニンが増加します。この理由として「セロトニンを増やす神経の近くに、反復運動の神経があるため、反復運動をすることで、近くのセロトニン神経も刺激される」とされています。

 

◎毎日の散歩が一番だけど…

「だから、毎日散歩をしましょう。」といって、出来るならいいですけど…「土日なら出来るけど平日はなぁ。」と、よく言われます。散歩なので気楽に歩けばいいのですが、なんとなく、ある程度の距離や時間を歩かないと、いけないような気分になって、難しいと思ってしまうようです。

 

◎通勤で、駅まで歩くだけでもいい

実は、歩く時間は5分~15分でも、効果があります。なので、最寄りの駅まで5分~15分程度あるなら、日々の通勤で歩けばOKです。駅近なら、少し早く起きて回り道をしてみるのは如何でしょうか。きっと、何か得した気分になると思います。

セロトニン

◎歩くときの注意事項

但し、単純に歩けばいいわけではないことを、お伝えしていませんでした。歩く時は、何も考えずにいて下さい。特に通勤中ともなると、その日の仕事のことを考えがちですが、何か別の事を考えながら歩くと効果が出ません。実は、何かを考えたり、ラジオ番組等を聞いたりすると、言葉に関する神経が動いてしまい、セロトニン神経が、刺激されづらくなるのです。何か聞きながら歩きたいということであれば、歌詞の無い音楽などを聞いて頂くようお願いしたいと思います。

 

機会をみて、歩く時に聴くと良い曲も紹介できればと思っています。どうぞおたのしみに。

 

 

何かお手伝いできることがありましたら、気軽にご連絡ください

t-nakano@tokasu.com

サービス案内は、こちらをクリック。



PDF

関連記事

  • はじめてのマインドフルネス実践2017年5月26日

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。