うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

それ、本当に常識ですか?

2019.08.06


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 

 「嘘やん!そんなんあり得へん!

 

 

 口には出しませんでしたが、心の中で叫んでいました。

 

 

 「本当にそんなことがあるのなら、今までの常識は何やったん?!

 

 

 そんな事を考えさせられました。

 


 
 前回に引き続き、夏期スクーリングの中で聞いた話を紹介します。

(スクーリングとは、実際に学校に行って、講義を聞くことです)

 

 

 今回の内容は、3日目の3限目。

 

 

 音楽のトリビアについて。

 
 

 「また音楽の授業?」

 

 

 「また変な質問されるんちゃう?」

 

 

 そう思っていたら…

 

 

 案の定ありました。

 

 

 前とは別の先生なのに…

 

 

 音楽の先生って、みんな変な質問をするんですかね。

(過度な一般化かもしれないけど)

 

 

 今回聞かれた変な質問は

Q1.音楽には国境はあるか

Q2.聞こえない音は、音楽に必要か

Q3.音のない音楽は、あり得るか

 

 という質問でした。

 

 

 私はQ1〜Q3まで、全てNOだと信じていました。

 


 

 「常識を疑え!」

 

 

 それを先生に教わった気がします。

 

 

 普段、私達は忘れがちですよね。

 

 

 私達が知っていることなんて、ごく僅かだってこと。

 

 

 本当は、知らないことだらけ。

 

 

 それなのに、知っていることが常識だと思ってしまう。

 

 

 知っていることを通してしか、物事を捉えられないから。

 

 

 本当は狭い範囲でしか、物事を考えられていないんですよね。

 

 

 そして、狭い範囲でしか考えられていないのに、それ以外に答えはないと思い込んでしまう。

 

 

 そして、その中でもがき苦しむ。

 

 

 そこから出ないと答えはないのに。

 

 

 何か答えが見つからずに悩み苦しんでいる時は、常識だと思っていることを疑うことから始める方がいいのに。

 


 

 先ほどの、先生からの質問。

Q1.音楽には国境はあるか

Q2.聞こえない音は、音楽に必要か

Q3.音のない音楽は、あり得るか

 ですが…答えは全てYESでした。

 

 

 以下のことを教えて頂きました。

 

 

 Q1については、

 例えば『死』一つとっても、国毎に捉え方が違う。そして『死』の捉え方が違うと『死』をテーマにした音楽の作り方も歌い方も聞き方も違うため、別の国にとっては理解できない音楽がある。

 『死』を悲しいものだと捉える日本からすれば、『死』を明るく歌う黒人霊歌が理解できないように。

 従って、音楽には国境がある。

 

 

 Q2については、

 人間には聞こえない周波数の音を、「聞こえないなら必要ないだろう」と全部とってしまうと、脳に悪い影響が出ることがわかった。

 具体的には、キレやすくなるなど。

 従って、聞こえない音も必要。

 

 

 Q3については

 以下の動画をご覧ください。

 


 

 思い込みって怖いですね。

 

 

 自分が思い込んでいることさえ気づいていないんですから。

 

 

 あり得ることを知るまでは、あり得ないと思ってしまうんですから。

 

 

 あなたにはありませんか?

 

 

 絶対にあり得ないと思ってること。

 

うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。