うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

私には分かりませんが…

2019.02.20


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 家に帰ると、大量のダンボール。

 

 一瞬、何事かと驚きましたが…

 

 「そうかぁ。今日だったなぁ。」

 

 と思い出して、苦笑い。

 

 「いよいよ始まるんだなぁ」

 

 そう思いながら、やる気を沸かせる私でした。

 


 

 「そこに飾ってあるのは何です?

 

 壁の額縁を指差して聞いてきたので

 

 「あれは、心理学系の認定書です

 

 そう答えました。

 

 「心理学ですかぁ…それなら、いま私がどんなことを思っているか、よめたりします?

 

 そう聞かれたので、困った顔で首をかしげると

 

 「私は今『結構、荷物があるなぁ』って思っています。

 

 そう言って、笑っていました。

 

 「そうだったんですねぇ」と苦笑いで返す私。

 

 それが数日前の会話でした。

 


 

 「これだと、80箱は必要ですね」

 

 見積もりに来てくれた、引越し業者さんが言ってました。

 

 「そんなものですかねぇ〜」

 

 そう呟く私。

 

 なぜ、部屋の中をざっと見ただけで箱の数が予想できるのか、私のような素人にはさっぱりわかりませんけど。

 

 プロなら分かる様です。

 

 「いや〜。前回、うちに引っ越しを頼んでくれた時の資料があったんで、だいたいの荷物は把握してましたが…結構、前回より増えてますよね〜?」

 

 そう言われればそんな気もします。

 

 「中古のダンボールで良かったら、うちは何箱でも無料で持って来ます。だから、安心してくださいね。」

 

 そう言われたらので、お言葉に甘えて、とりあえず80箱持って来てもらえるようにお願いしました。

 


 

 そして、届いたダンボール箱。

 

 折りたたんだ空箱と言えど、結構な場所を取ります。汗

 

 できるところから荷造りを進めて、どんどん片付けていかないと大変。

 

 しかし…

 

 この荷物を詰めた後のダンボールはどこに置けるんだろうか…

 

 そんなことをふと不安に思いながらも、荷造りを始める私でした。

 

 優雅にくつろいでいる家族を横目に見ながら…

 

 「あとで『手伝って〜』って言っても、手伝ってやらないからな!」

 

 そう思う、器の小さな父でした。笑

Not-alone

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。