うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

たまには誘ってみてください

2019.07.18


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 
 先日、携帯に電話がありまして。

 

 「今度飲みに行かないか?」って。

 

 電話の相手は、社長でした。

 


 

 社長と言っても、社員は私1人だけという極小企業ですから、雲の上の人という感じではありません。

 

 というか、以前に務めていた会社の上司だった人なので、社長というよりは元上司という感じです。

 

 尊敬はしておりますが、近寄り難い感じは全くしません。

 

 『気軽に相談できるおじさん』っていう感じです。

 

 それでも尊敬はしていますよ。笑

 

 いや、本当に。

(あんまり言うと嘘くさい?笑)

 


 

 実は、そんな社長と1年近く会っていませんでした。

 

 お互いに、別のお客様の仕事をしていて仕事上の接点もなく。

 

 一般の会社ではあるような忘年会や新年会もなく。

 

 月1回の定例ミーティングもなく。

 

 電話で話すもの、年に数回程度。

 

 

 別に嫌ってるわけでもないんです。

 

 ただ忙しくてタイミングが会わないだけ。

 

 そんなことが1年近く続いていた。

 

 ただそれだけのことだったんです。

 


 

  7月から始まった仕事も、また社長とは別の仕事でしたが…

 

 実は、同じビルで働いているということを人づてに聞きまして。

 

 なぜそれを人づてに聞くことになるのか不思議ですけど。笑

 

 

 だから、先日誘ってみたんです。

 

 

 近くにいるんだから、お昼でも一緒にどうですか?

 って。

 

 そうしたら「弁当を買ってきた」と断られましたが「久しぶりに今度飲みに行こう」ということになりました。

 

 ちょっと楽しみにしていたんです。

 

 何しろ、1年ぶりくらいですから。

 


 

 そして、約束の日になりました。

 

 その日の夜はブログを書けないので事前に書いておきました。

 

 妻にも「今日は社長と飲むから」と事前に話しておきました。

 

 準備万端です。

 

 夕方くらいまでに仕事を終えるようにしながら…でも、あまり早く終わり過ぎても、どこかで時間を潰すというのも面倒ですから、いつでも終われるような状態にしておきながら…連絡をしてみました。

 

 今日は、予定通りで大丈夫ですか?

 

 って。

 

 「体調が悪いので、中止にさせて」

 

 とのことでした。

 


 

 まぁ、約束をしていた時にも「体調が良くないから中止の可能性もある」とは聞かされていましたから、驚きはしませんでしたけど。

 

 ちょっと考えちゃいました。

 

 もしかしたら、嫌われてるのかな?

 

 って。

 

 嫌いだけど、社員だから簡単に断るわけにもいかず、やんわりと断ってるんだろうか。

 

 って。

 

 だとすると、私から何度も誘うのも社長にとっては苦痛で仕方ないはず。

 

 あ〜なんだか申し訳なかったなぁ。

 

 そんなことを思っていたんです。

 


 

 そうしたら…

 

 社長から電話がありました。

 

 「しばらく風邪で倒れていてさぁ。やっと回復したから今度こそ行こう」

 

 って。

 

 なんだかホッとしました。笑

  

 そして

 

 「いいですね。いつにしましょう」

 

 と急いで予定を決めました。

  


 

 あなたの周りにもいませんか?

 

 

 本当は誘いたいけど、嫌われているかもしれないと思って誘ってない人。

 

 本当は気になっているけど、相手のことを気にして声をかけていない人。

 

 いろんなことを想像しすぎて、声がかけられない人。

 

 

 もしかしたら、声をかけられるのを待っているかもですよ。

 

 

 その気持ちをシェアしてください。

 

 
 ぜひ声をかけてみてください。

 

 

 誘ってみてください。

 

 

 そうしたら「いいね」と言ってくれる人がそこにいますよ。

kiraidesuka

うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。