うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

夢に近づく一歩

2019.07.19


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 

 私には夢があります。

 

 

 それは『うつ病で悩む人がひとりもいない世界を創る』ということ。

 

 

 そのことを夢にしたのは、いまから5年ほど前になります。

 


 

 あの頃はまだ、私自身が、うつ病の再発を恐れて悩んでいました。

 

 

 1度よりも2度、2度よりも3度、うつ病の再発を繰り返すたびに、再発の可能性が高まると言われている中、うつ病を3度も発症した私。

 

 

 もう私は、うつ病と一生付き合っていくしかないんだろうか。

 

 

 うつ病の再発を恐れながら生き続けないといけないんだろうか。

 

 

 一生安心して暮らすことはできないのだろうか。

 

 

 そんなことを思っていました。

 

 

 そんな私に、夢や希望などあるはずがありません。

 

 

 私が抱えていたのは絶望でした。

 


 

 でも、もし夢が叶うのなら…

 

 私は、一生、うつ病の心配をしなくてもよくなりたい。

 

 そう思いました。

 

 いま抱えている不安や絶望を手放して、楽になりたい。

 

 そう思いました。

 

 でも…すぐに「そんなことは無理」だと諦める感じもあります。

 

 そんなことをしてくれる先生がいるなんて聞いたこともないし、そういうサービスも聞いたことはない。

 

 それに、うつ病の原因については、まだ解明されていない部分もあるとのことで、そんな状態で、完璧な治療法や予防法が出てくるわけがない。

 

 だから、諦めるしかないんだろうと思っていたんです。

 


 

 誰かが言いました。

 

 「そいういうサービスがないなら、自分で作ればいいんじゃないの?

 

 って。

 

 「そんなの無理に決まってるやん」

 

 すぐそんな気持ちが湧いてきます。

 

 「そんなのがあったら、自分が一番欲しいって

 

 そんな気持ちでいっぱいです。

 

 でも、また誰かに言われました。

 

 「自分が一番欲しいものを作れば、それでいいじゃないか

 

 って。

 

 背中や頭に衝撃が走りました。

 


 

 私はただの『元うつ病患者』です。

 

 何の医療的知識も持ち合わせてないし、資格などもありません。

 

 そんな私に、そんなものを創る力があるわけがない。

 

 そう思っていましたが、もしもできたら凄いとも思えます。

 

 「夢なんて、そういうものじゃん」

 

 そんなことを、誰かに言われた気がします。

 


 

 それから何年かして…

 

 私は、『うつ病再発予防コーチ』と名乗るようになりました。

 

 私にとっては、非常にリスクがある言葉です。

 

 何の医学的知識も持ち合わせてない私が『再発予防』などとうたってよいのだろうか。

 

 そんなことを悩みながら名乗ることにしたんです。

 

 そして、いつまでも悩んでいただけでは仕方がないので、じっくりと勉強をすることにもしたんです。

 

 心理学や精神医学について。

 


 

 今私は、心理系の通信大学に通っています。

 

 そこを卒病したら、今度は心理系の大学院に行く予定です。

 

 ちょっと気軽に考えていました。

 

 でも…難関が待ち受けていることを初めて知りました。

 

 それが『心理英語』という分野。

 

 心理学の専門用語的な英単語を覚えつつ、心理学について英語で書かれた論文を訳す力が求められる。

 

 普通の英語だけでも苦手なのに…

 

 とりあえず、テキストと英単語の本だけは買いました。

 

 あぁ…どうしよう…

 

 そんな不安があっても、諦めるわけにはいきません。

 

 それが私の夢に近づく一歩だから。

img_3088 

うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。