うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

何故そんなことをしてしまうのか分からないことがありました。

2019.07.01


 うつ病再発予防コーチの中野です。
 

 最初から分からないのは当たり前。

 

 いろいろやってきたからこそ分かることもある。
 

 だから…

 

 いますぐには分からなくてもいい。
 

 分かったつもりになんてならない方がいい。
 

 そんなことを実感した日曜でした。
 


 

 コア・トランスフォーメーション。
 

 NLPのスキルの一つです。

 

 それを1日で教えてくれるセミナーがありました。
 

 これまでに何回も参加しました。

 

 正直、何回参加したか覚えていないくらいです。
 

 だから、どのタイミングでどんな話が出てくるか分かるくらいです。

 

 でも…今回は違いました。

 

 今回が最後のセミナーでしたから。

 


 
 実は、ずっと扱おうと思っていて、扱っていなかった問題がありました。

 

 それは…

 

 年下の人を見下してしまうこと。

 

 頭では分かっているんです。

 

 自分より若くても、優秀な人は沢山いるし、全てに人に勝てるわけなんてないって。

 

 それに…

 

 自分がそれほど優秀でもないということも分かっています。

 

 それなのに、相手が年下だと分かると、すぐに見下してしまったり、対抗しようとする気持ちが湧いてくる。

 

 何故そんな気持ちが湧いてくるのか頭では理解できませんでした。

 

 でも、それが起きているのは事実。

 

 これを、何とかしたかった。

 

 このままいると、相談者が年下だとわかったら見下してしまいそうだったから。

 

 そして、そのことで傷つけてしまうのは、どうしても避けたいから。

 


 

 今回のセミナーの中で何とかしたいと思っていました。

 

 相手に心を預けて、無心になって、無意識に思っていることを開放して、問題となる行動を全く違うものに変えていきたかった。

 

 そして、それはできました。

 

 そして、その中で気づきました。

 

 私が何故、年下の人を見下していたのかを。

 

 年下の人を見下すことで、何を手に入れようとしていのかを。

 

 それを手に入れることで、何を守ろうとしていたのかを。

 

 そして…もうそれを手放していい時なんだということを。

 

 とても豊かな時間でした。


 

 コア・トランスフォーメーションのワークは、これまでに何度もやってきたので、手順も意味も十分に理解しているつもりでした。

 

 でも、今回は、その深さをより実感できた気がしています。

 

 でも…もうこのセミナーに参加することはできません。

 

 これからは、自分の力で変えていかないといけない。

 

 これまでの学びと実践を踏まえて、補助輪なしに乗りこなせるようにならないといけない。

 

 そして、私と同じように悩んでいる人に、心から寄り添っていきたい。

 

 年下の人でも見下すことなく。

 

 そこにこだわる必要はないのだから。

ziyuu 

うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。