うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

とてつもなく大きな不安に襲われる時、一体どうすればいいのか。

2019.06.20


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 とてつもなく大きな不安に襲われる時、一体どうすればいいのか。

 どうしたらこんな不安感がなくなるのか。

 そんな質問を頂きました。


 大切な人が鬱病と診断され、仕事も休職して寝たままの状態とのこと。

 そんな状態がとても心配で、大切に見守らないといけないと思いながらも不安に襲われてしまい、そんな不安な気持ちをぶけつけてしまうとのこと。

 そんな時に、どうすればいいのか。

 そんな質問でした。


 大切に思う人だからこそ、心配してしまうのも仕方がないと思います。

 不安な気持ちを抱えきれず、相手にぶつけてしまう時もあるでしょう。

 そして、そんな自分を責めてしまう時もあるでしょう。

 ただ、ひとつ私には分からないのは『何を不安に思っていたのか』ということ。

 そして『それが起きる可能性はどれくらいあるのか』ということ。


 不安や心配を抱え込んでしまう事情があることは十分にわかります。

 ただ、何を不安だと思ったり心配だと思ったりすのは、人それぞれです。

 何しろ、心配や不安は未来に対する想像から起きますから。

 そして、想像力が高ければ高いほど、心配や不安が大きくなりがちです。

 想像力が高いのは悪いことではありませんが、時に、その想像に押しつぶされそうになってしまうことがあるので、注意が必要です。

 そんな時は、少し冷靜になって、

 ・今私は、何がどうなると想像していたのか

 ・その想像は、どれくらい発生する可能性があるのか

 を考えてみることをお勧めします。


 大体、このような返答をしました。

 これがどれだけの力になれたのか。

 今の私にはわかりません。

 ただ、似たような悩みを抱えている人もいるかと思い、シェアさせて頂きました。

 これが、必要な方に届きます様に。

Bad_feeling

うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。