うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

自分だけが困ること、みんなが困ること

2019.03.14


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 八王子に引っ越しをしてきて、数日が過ぎました。

 

 まだ片付いてないどころか、荷解きも終わっていません。

 

 引越しの時に積まれたダンボールの山がそこにあるだけ。

 

 当然、生活に支障が出ています。

 

 「◯◯って、どこにある?」

 

 「△△って、見なかった?」

 

 「✕✕って、捨てちゃった?」

 

 そんな会話が飛び交っています。

 


 

 新居に引っ越して、嬉しかったことがあります。

 

 それは、20年ぶりくらいに自分の部屋が持てたということ。

 

 ちなみに、自分の部屋が持てたのは私だけではありません。

 

 家族全員に自分の部屋があります。

 

 だから、堂々と使えるわけです。

 

 私だけが自分の部屋を作っていたら「お父ちゃんだけズルいじゃん!」と思われたら肩身が狭いですから。



 

 人って、わがままなものですね。

 

 一人暮らしをしていた時には「早く結婚して、家族を持ちたい」と思っていましたが、家族ができると、今度は自分一人の時間と場所が欲しくなる。

 

 初めは

・こんなことを思っている私は変?

・ただの無いものねだりだろうか?

・家族と一緒にいて、息苦しいの?

・私は、家族を愛していないの?

・また一人暮らしに戻りたいの?

 

 なんて、思ったりしましたけど…

 

 最近は、開き直っています。

 

 「誰だって、そんな時あるよね〜」って。

 


 

 いま、それぞれが自分が好きな様に部屋のレイアウトを模索中です。

 

 気に入ったベッドを買ったり、棚を買ったり、時計を買ったり、壁に飾りをつけたり。

 

 自分が見たいものを見れる場所。

 自分が聞きたい音を聞ける場所。

 自分が心地よいと感じれる場所。

 

 そんな部屋を、各自が模索中です。

 

 みんなそれなりに楽しそうです。

 

 みんな待ちに待った自分の部屋ですからね。

 


 

 というわけで、それぞれの部屋は、順調に片付けが進んでいるはずです。

 

 片付けないと困るのは自分なので。

 

 その一方で…リビングの片付けは、なかなか進みません。(笑)

 

 「誰かがやるだろう」って、思っているんでしょうね。(笑)

 

 結局、困るのは自分達なのに。

 

 今度の土日に、徹底的に片付けようかなぁ〜

 

 いまは、そう思っています。

Me too

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。