うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

一部の情報に振り回されました

2019.02.11


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 ほんと、情報って怖いですね。

 

 ネット上の情報には信憑性が薄いのが当たり前ですが、プロに聞いたことなら信じても良いと思っていました。

 

 だって、その道のプロですから。

 

 その道がプロが間違ったことを言うはずがないし、そんなのはプロ失格だと思っています。

 

 だから、信じ切っていたんです。

 


 

 来月の引っ越しに向けて、紆余曲折がありながらも、少しずつ計画進めている途中ですが、昨日お伝えした情報が怪しい可能性がありますので、少し訂正したいと思います。

 

 昨日お伝えした情報と言いますのは「レオパレス問題の影響で、引っ越しのトラックが足りないようだ」ということです。

 

 ある有名な引っ越し業者の営業の方が言っていたので間違いないと思っていました。

 

 ところが、今日来て頂いた引っ越し業者さんは「レオパレス問題ですか?あまり影響ないはずです。レオパレスは家具備え付きがほとんどですから、引っ越しの荷物も少ないはずなので」とのこと。

 

 そう言われればそんな気もします。

 

 また、他の引っ越し業者さんからも見積をとる際に聞いてみると「まだ、トラックは空いてます。2~3日の間に埋まってしまう可能性も低いので、すぐ決めて頂かなくても大丈夫です」とのこと。

 

 一体、誰を信じていいかわからなくなりました。

 


 

 ちょっと落ちついて考えみました。

 

 私は何を焦っていたんだろうって。

 

 なぜ、たった一人の発言を鵜呑みにしてしまったんだろうって。

 

 そして気づいたんです。

 

 私を支配していたのは恐怖でした。

 

 最初に見積りを頂いた引っ越し業者さんが言った『引っ越し難民』という言葉に、囚われていました。

 

 中野家が『引っ越し難民』になったらどうしよう。

 

 家族全員で、荷物を運ぶなんてことになったらどうしよう。

 

 引っ越しができないせいで、物件を断ったり、今の家の更新をすることになったら、いろんな人に迷惑をかけることになってしまう…

 

 そんな考えで頭がいっぱいでした。

 

 でも、もうその恐怖に囚われる必要はないわけです。

 

 というか、最初から囚われる必要はなかった。

 

 落ち着いて、他のプロの人に聞いてみれば済んだ話だったんです。

 

 誰かの一言で、恐怖に囚われる必要なんて全くないんです。

 

 道はいくらでもあるんですから。

 


 

 ところで…

 

 全ての引っ越し業者さんが、本当のことを言っていると仮定すると、以下の仮説が考えられます。

 

『レオパレス問題』で影響が出てるのは、ごく一部の引っ越し業者のみ。(多分、トップ3などの有名どころ)

それほど有名ではない引っ越し業者には(今のところ)影響は出ていない

 

 また、他にもいくつかの業者に連絡をとってみましたが、トラックは確保できる様でした。

 

 ちなみに、我が家の荷物を運ぶには2トントラックが2台いるそうです。

 

 これに関しては、見積もって頂いた全ての引っ越し業者さんがそう言っているので、多分間違いないかと。 笑

 

 とにかく、焦らなくても大丈夫だということはわかったので、じっくりと引っ越し業者さんを見極めていきたいと思っています。

 


 

 ほんと、情報って怖いですね。

 

 特に、説得力のある話だったりすると、疑うことを忘れてしまいがち。

 

 全ての話を疑ってかかると大変ですけど、恐怖を感じる話だけは疑った方がいいですよね。

 

 できれば、恐怖に囚われる前に。

 

 あなたは、囚われていませんか?

sorettehonntou

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

[contact-form-ひ7 id=”8101″ title=”お申し込み簡易バージョン”]\



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。