うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

全身をリラックスさせる方法

2018.10.20


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 今回は少し雰囲気を変えて『全身をリラックスさせる方法』のガイド文を紹介します。

 

 できれば、ゆったりできる場所で、できればそのまま横になって眠れる様な場所で読んで欲しいと思います。

 

 以下に、リラックスできるガイド文を載せますので、それをゆっくりと目で追いかけながら…心の中でその文章を読みながら…文章に書いてあることを感じてみてください。


 それでは…

 

 ゆったりと呼吸をしながら…身体の中を息が出たり入ったりするのを感じます。

 

 鼻から新鮮な空気が入ってきて…

 

 身体の中を巡って…血液中な余分なものをすくい取っていって…

 

 口から全て出ていくのを感じます。

 

 その呼吸を繰り返すたびに、身体の中が綺麗になっていくのを感じます。

 

 普段の役割や問題から解放されて…

 

 『ただ呼吸をしている私』に意識を向けます。

 

 …

 

 では…これから身体全体を緩めていきます。

 

 最初は足のつま先から足のかかと。

 

 足の裏全体を感じながら…細胞一つ一つが緩んでいくのを感じます。

 

 細胞一つ一つの隙間が、ほんの少しだけ広がるような感覚です。

 

 その緩んだ感覚が、足のつま先から足の裏、足のかかとの全体に広がったまま、足の甲や足首に広がっていき…

 

 ふくらはぎ…もも…腰全体に広がる感覚を味わってください。

 

 その感覚は、ますます広がって…

 

 背中全体…そして、お腹…胸全体に広がっていきます。

 

 そして…肩を通って両腕に広がり…

 

 手首を通って両手のひらから指先にまでひろがっていきます。

 

 そして、首を通って…後頭部…喉を通って、顎…くちびる…ほほ…まぶたの裏の筋肉にまで、緩みが広がって…

 

 眉を通って…額…頭皮全体を包み…

 

 足のつま先から、頭のてっぺんまで全体に広がっているリラックスを充分に味わいます。

 

 できれば、そのまま横になって寝てしまってください。


 ゆったりとした呼吸は続けたまま…

 

 身体中の細胞を目覚めます。

 

 軽く両手の平を、握ったり開いたりしてください。

 

 そして、軽く伸びをしてください。

 

 身体をひねったり、軽くストレッチをすると、全身の細胞が目覚めます。

 

 そして、すっきりした感覚を味わいながら、心地よく爽やかな時間を過ごして下さい。

 

 素晴らしい休日でありますように。

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。