うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

うつ病は必然でした。

2018.09.10


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 こんなことを言うと、誤解されるかもしれませんけど…

 

 私がうつ病になったのは必然だったんじゃないか?

 

 って、最近思うんです。

 

 そりゃぁ、初めてうつ病になった時や再発を繰り返していた時は、そんなこと思いませんでしたよ。

 

・なんでこんな目に合うんだろう

・こんなこと、人に知られたくない

・いつまでこんなことが続くんだろう

 

 って思っていました。

 

 うつ病にならずに済むなら、その方がいいと思ってました。

 

 というか、今だって、自分以外の人に言うのであれば

 

 「うつ病にはならない方がいい!」

 

 って言います。

 

 もし「うつ病になった方がいい」と言いたくなる人がいたとしたら…

 

 うつ病の人を馬鹿にしたり、見下したり、悪口を言っている人。

 

 そういう方には言っておきたい。

 

 「あんた、一度経験してみたら?

 

 って。

 

 そうすればわかると思うんです。

 

・自分がどれだけ視野が狭かったのか

・自分がどれだけ人の話を聞かないか

・自分がどれだけ人の心を感じないか

 

 そして、自分がバカで世間知らずなために、どれだけの人を傷つけたか

 

 そして、そんな自分を心から恥じるはずです。

 

 昔の私のように。

 

 私もそうだったんです。

 

 うつ病なんて、精神的に弱い人しかならないと思ってました。

 

 うつ病になると、頭がおかしくなるって思ってました。

 

 うつ病になったら、精神病院に隔離した方がいいと思ってました。

 

 うつ病になったら、人生は終わりだと思ってました。

 

 だから…

 

 自分がうつ病になった時はショックでした。

 

 私が?なんで?私の人生終わった?

 

 って。(笑)

 

 そんなことで人生が終わるはずないですよね。

 

 とにかく、なってしまった限りは、しっかり治そうと思いました。

 

 そして、周りに私がうつ病になったということがバレないように、仕事も休まず続けながら、治療をしました。

 

 うつ病だとバレたら精神的に弱い人だと思われる。

 うつ病だとバレたら、頭がおかしい人だと思われる。

 うつ病だとバレたら、隔離される。

 

 そう思っていましたから。

 

 とにかく一刻も早く治したかった。

 

 だから、先生の言うことを守って、その通りにしました。

 

 そのおかげなのか、先生が言うには「早く治った方だ」とのこと。

 

 私にとって、1年間の治療はとても長いものでしたけど。

 

 そこからは「二度とかかるものか」と、精神力を鍛えようとしたり…性格を変えようとしたり…とにかく必死。

 

 できれば、うつ病になった過去など消してしまいたかった。

 

 でも…そんな苦労も虚しく…数年後に再発…それが治って、また数年後に再発。

 

 …

 

 でも、いま振り返ると、思うんです。

 

 再発を繰り返したことには、意味があったんだなぁって。

 

 あれがあったから、今の私がある。

 

 あれがあったから、人にも自分にも優しくなれた。

 

 あれがあったから、いまこうやって、ブログを書いているんです。

 

 だから、今の私にとっては…

 

 あれらは全て必然だった。

 

 そう思うんです。

 

 それにチャンスにもなりました。

 

 あっ!チャンスの話は、また今度。

 

 今日は、ここまで。

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。