うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

堂々と生きるために

2018.08.16


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 

 車の運転はお好きですか?

 

 

 私は、結構好きな方ですが、初めは苦手でした。

 

 

 他の人に迷惑をかけるの嫌だったので。

 

 

 まだまだ運転に慣れていない私が、ゆっくり走っていたら「何をちんたら走っとるねん!このボケ!!」って…

 

 

 言われそうな気がして。

 

 

 だから、誰も走ってない道を、独りで自分のペースで走りたいと思ってたんです。

 

 

 誰にも迷惑をかけずに済むように。

 

 

 誰の邪魔もしなくて済むように。

 

 

 でも…

 

 

 誰も走らない道なんてないんです。

 

 

 気がつくと、後ろを誰か走ってる。

 

 

 すぐ追い抜いてくれたらいいのに、なかなか抜かずに、追いかけてきたりすることもあります。

 

 

 滅茶苦茶ストレス

 

 

 私のことは、放っておいてくれ!

 

 

 って叫んでも、そんな声は届かず…

 

 

 走るペースを崩されてばかり。

 

 

 いつも後ろを誰かが走って来ないかを確認してました。

 

 

 誰か来ないかビクビクしてました。

 

 

 そして、誰かが走ってくるのが見えるたびに「うわぁ!また来た!」って思っていたんです。

 

 

 でも、ある人に言われたんです。

 

 

 「免許を持ってるっちゅうことは、道を走る権利があるということやん!ほやから、周りのことを気にせんと、堂々と走ってたらええねん!

 

 

 その言葉で、ちょっと自信がついたのを思い出します。

 

 

 あれから何年もたって…

 

 

 今では、周りで誰が走っていても、それほど気にしなくなりました。

 

 

 あの時から比べたら、随分と図太くなったもんだよなぁ〜。

 

 

 そんなことを、滋賀に帰郷する途中で思い出したんです。

 

 

 で…

 

 

 また思ったんです。

 

 

 これって、生きるのも同じだな〜

 

 

 って。

 

 

 この世に産まれてきたということは生きる権利があるということ。

 

 

 だから、あの人が伝えてくれた様に私も伝えたいと思います。

 

 「この世に産まれたということは、生きる権利があるということやん!!ほやから、周りのことを気にせんと、堂々と生きてたらええねん!!!」

 

 …

 

 あなたには、何が伝わりましたか?

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、わたし自身のウツ病経験を踏まえて様々な支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。