うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

それとこれとは別ですから

2018.08.17


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 「私、どこか変なのかなぁ」

 

 「私、何か悪いことした?」

 

 「もしかして、嫌われてる?」

 

 

 ちょっとしたことで、そう思うことってありませんか?

 

 

 ちょっとした人の仕草や行動とか。

 

 

 私はよくあります。(笑)

 

 

 例えば

 

・席に座ると、隣の人が席を立つ人。

→そんなに私のことが嫌いですか?

 

・こちらをニヤニヤして見てる人。

→何か変な格好をしてますか?

 

・楽しそうな顔をしてたのに、こちらと目が合った瞬間に真顔になる人。

→何か私の悪口でも言ってました?

 

・こちらをずっと睨んでいる人。

→私、何かあなたにしましたか?

 

・こちらをチラチラ見る知らない人。

→何ですか?何か変ですか?

 

・私を見て哀しそうにしてる人。

→何で?何か傷つけましたか?

 

 

 そして、イライラしたり傷ついたり気が滅入ったり…

 

 

 本当は、それらのことと私とは全く関係がないのに。

 

 

 勝手に悪い解釈をして苦しんでる。

 

 

 別の解釈もできるはずなのに。

 

 例えば

 

・席に座ると、隣の人が席を立つ人。

→隣の人がトイレに行きたいと思って立ち上がったタイミングと、私が席に座ったタイミングが偶然同じだった。

 

・こちらをニヤニヤして見てる人。

→楽しいことを思い出して、ニヤニヤしていたら、偶然私と目が合った。

 

・楽しそうな顔をしてたのに、こちらと目が合った瞬間に真顔になる人。

→楽しいことを思い出して、ニヤニヤしていたら、偶然私と目が合って、急に恥ずかしくなって真顔になった。

 

・こちらをずっと睨んでいる人。

→たまたま目が悪くて目を細めて見ていたら、偶然私と目が合った。

 

・こちらをチラチラ見る知らない人。

→「知り合いに似てるなぁ」と思って見ていたら、偶然私と目が合った。

 

・私を見て哀しそうにしてる人。

→哀しいことを思い出して、ボーッとしていたら、偶然私と目が合った。

 

 

 全く無理な解釈ではないですよね。

 

 

 実際にそういうこともあります。

 

 

 例えば、

 

 

 私がトイレに行きたいと思って立ち上がろうとした時に、隣の席に座る人もいます。

 

 私が楽しいことを思い出してる時、誰かと目が合ったとしても気にしない時もありますし、少し恥ずかしくて、真顔になることもあります。

 

 目が悪くて、遠くを目を細めて見ることもあります。そして、知らない人と目が合って、睨まれたりもします。

 こっちは睨んるつもりはないのに。

 

 目の前の人が「誰かに似てるなぁ」と思って気になるけど、ジロジロ見ると変な人だ思われるかもしれないから見ないようにしようと思うけど…

 余計に気になって見てしまうとか。

 

 哀しいことを思い出して、ボーッとしている時に、誰かと目が合うこともあるけど、気にならない時もある。

 

 

 だからもし、私のちょっとした行動や言動で、イライラしたり傷ついたり気が滅入ったりする人がいたら、本当は言いたいんです。

 

 

 「それとこれとは別ですから」

 

 

 って。

 

 

 わざわざ言いませんけどね。

 

 

 急にそんなことを言ったら、変な人だと思われますから。

 

 

 ということで…

 

 

 周りの人も同じように思ってるかもしれないんですよね。

 

 

 「もしかしたら、私のちょっとした行動で傷ついてるかもしれないけど、あの行動には全く意味はないから」

 

 

 って。

 

 

 でも、そうは言ってくれません。

 

 

 急にそんなことを言ったら、変な人だと思われますから。

 

 

 あなたはどうですか?

 

 

 勝手に悪い解釈をして苦しんだりはしていませんか?

 

 

 または、あなたの行動を勝手に悪く解釈されて、誰かを苦しめてしまったと気にしていませんか?

 

 

 本当は、誰も悪くないのに。

 

 

 悪いのは、解釈だけなのに。

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、わたし自身のウツ病経験を踏まえて様々な支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。