うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

諦めの法則

2018.04.19


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 「どんな事も諦めたら終わりだ!

 

 あなたも、そうやって言われませんでしたか?

 

 「諦めたら負けだ!

 

 「諦めて逃げ出しちゃいけない!

 

 「諦めずに頑張るんだ!

 

 子どもの頃に言われた事って、大人になっても、大きな影響を受けているものです。

 

 でも…その分、頑張り過ぎたり…

 

 なかなか諦められずに、いつまでも引きずったり…

 

 そのうちに、諦めたくなってくると「やっぱり、自分は弱い人間なんだ」と自分にダメ出ししたり…

 

 そんな時に

 

 「諦めてもいいんだよ

 

 って言われると「えっ?いいの?」って気持ちがぐらつきますよね。

 

 落ち着いて考えてみたら、諦める事を勧める言葉も、いろいろあります。

 

 「諦めが肝心だ

 

 「もう諦めたら?

 

 「いつまでも、諦めが悪いぞ!

 

 とか…

 

 もう!諦めたらアカンのか、諦めた方がええのか、どっちやねん!

 

 って叫びたくなったり。

 

 

 まぁ、自分のことなんだから、誰かに許可をもらう必要はないですが。笑

 

 

 とは言え、一般的にはどっちがいいんだろうと思うわけです。

 

 

 で、考えてみました。

 

 

 そして、こう結論づけました。

 

・「諦めたらいけない」のではなくて「諦めてもいいけど、諦め方が大事

 

・「諦めが肝心」というけど「すぐに諦めていいわけでもない

 

 ということ。

 

 「結局、どっちやねん!」って思うかも知れませんけど、ちょっと聞いてください。

 

 

 例えば、希望の会社に落ちたとして

・なんでダメだったんだろう

・今度はどうやればうまくいくだろう

 と考えてみるのは必要でしょうけど「よし!諦めず明日また受けよう!」なんて思っても無理なものは無理。

 

 少なくとも、今年は諦めるしかないはず。

 

 来年だったら可能性はあります。

 

 

 例えば、好きな人に振られたとして

・なんでダメだったんだろう

・今度はどうやればうまくいくだろう

 と考えてみるのは必要でしょうけど「諦めずに、毎日告白しよう!」って思っても…無理どころか嫌われます。

 

 しばらくは諦めた方がいいはず

 

 でも、将来であれば可能性はある。

 

 

 例えば、道を踏み外したとして

・なんでダメだったんだろう

・今度はどうやればうまくいくだろう

 と考えてみるのは必要でしょうけど「諦めず、前に進み続けるぞ!」って思っても…それは全くの無駄です。

 

 まず今は、元の道に戻るべきです。

 

 そして、明るい未来に向かうべき。

 

 いつまでも、そこに立ち止まってる必要はありません。

 

 

 というわけで…

 

 

 大事なのは今の視点と未来の視点。

 

 「今はダメだ」と諦めるのも大事。

 

 でも、未来もずっとダメではない!ということ。

 

 「未来は明るい」と信じて諦めないことが大事。

 

 諦めるのは「今」であって「未来」まで諦めてはいけないということ。

 

 それが私の結論です。

 

 あなたは、どう思いますか?

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、わたし自身のウツ病経験を踏まえて様々な支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

サービス案内は、こちらをクリック。



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。