うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

ありがとうございます。

2017.12.30


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 2017年も終わりましたね。

 そして、新しい年が始まりました。

 この2018年は、あなたの人生にとって、どんな1年にしたいですか?

 

 昨年と同様な1年にしたいですか?

 昨年からの引き続きで過ごします?

 昨年出来なかったことをやります?

 

 できることなら、これまでの人生の中で、もっとも素晴らしい1年がいいと思いませんか?

 

 それも、それほど難しいことをするわけでもなく、ほんのちょっとの工夫で出来たら、いいと思いませんか?

 

 それも、あなただけではなく、周りの人にとっても素晴らしい1年になるかもしれないとしたら、やってみたいと思いませんか?

 

 あなたも幸せになって、周りの人も幸せになる、ちょっとしたこと。

 

 何か怪しい物を買う必要もないし、怪しい呪文を唱える必要もないです。

 

 あなたができる範囲で、やれることなんです。

 

 どうですか?やってみませんか?

 

 それは…

 

 1日1善。

 

 昔から「1日に1回でも良いことを積み重ねるようにしましょう」という呼びかけの四字熟語で、そうすることで幸せになれると言うわけです。

 『情けは人の為ならず』という言葉もあるように、人のためにやっているつもりでも、それは自分のためになると言われているわけです。

 

 まぁ、ここまでだったら、よくある格言めいた話です。

 

 正直言って「本当にそうなのか?」と疑問に思ったこともあります。

 だって、本当にいい人が苦労してるのを知ってるから。

 

 しかし、これが幸せな人生を送れる秘訣だということが明らかになったんです。

 詳しくはこちらをご覧ください。

 

 この研究では、一日一善には触れていません。

 

 言っているのは、より良い人間関係を作りましょうと言ってるわけです。

 

 そして、私が一日一善を勧めているのは、それがより良い人間関係を築くためにベストだと思うからです。

 

 例えば、長く連絡を取ってなかった人に「どうしてる?」とメールを送るだけでもいいじゃないですか。それも一善に含めましょうよ。

 

 あなたの周りの人に「ありがとう」と言うだけでもいいじゃないですか。それも一善に含めましょうよ。

 

 困ってそうな人を見かけたら、声をけてみるだけでいいじゃないですか。それも一善に含めましょうよ。

 

 あなたが無理して何かをするのではなくて、すぐできる簡単なことでいいんです。

 

 というか簡単な方がいいです。

 

 無理して何かをすると、相手も気が引けるでしょうし、何かお返しをする必要があると思ってしまいます。

 

 でも、今回お勧めしたい一日一善はお返しではなく、より良い人間関係を築くことを狙っているわけですから、相手が気を使っちゃダメなんです。

 

 だから、あなたが無理することなく簡単に出来ることで、相手がちょっと喜ぶようなことがいいんです。

 

 これを毎日やれば、素晴らしい1年になるということわかりますよね。

 

 たまには出来ない日があってもいいじゃないですか、他の日にやればいいんですから。

 

 そうやって1年が過ぎたころには、365個の善いことが蓄積されているわけです。

 そして、それとともに365回分の笑顔がそこにあるわけです。

 

 とても素晴らしい1年になると思いませんか?

 

 しつこいようですが、無理をしない範囲でお願いしますよ。

 

 そして、無理をしない範囲で、明日からでも始めてみませんか?

 

 今日は、もういいんです。

 

 今日、このブログを読んだことを、一善に加えて頂ければいいので。

 

 ここで、私が喜んでいますから。

 

 今日も、ありがとうございます。

 本年もよろしくお願い致します。

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、わたし自身のウツ病経験を踏まえて様々な支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

サービス案内は、こちらをクリック。

 

 イベントもやってます。こちらにも気軽にお越しください。



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。