うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

決めつけないでください。

2017.11.19


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 私には、もう何もできませんよ!

 私に、何ができると言うんですか?

 自信なんて全くありませんよ!!

 

 昔の私は、そう思ってました。

 

 それが本心でしたが…言えません。

 というか言ってはいけないと思ってました。

 

・何もできないと思ったら負けだ

・常にチャレンジをしないとダメだ

・自信がないと思ったら何もできない

 

 そう思い込んでいましたから。

 だから、自信がない自分も否定していたんです。

 

 辛いですよね。

 

 本当は思っているのに、思っていることも自分で否定するなんて。

 

 今なら、昔の私に言ってあげたいと思います。

 

 

 自信がない?いいんだよそれで。

 誰だって、そう思うことがある。

 

 だって、未来はわからないから。

 やってみなければ、やれるかどうかなんてわからないからね。

 だから、不安になるのは当たり前。

 

 一方で、いつも気軽にやっていて、何も考えなくてもできることだったら不安に思わないよね。

 

 例えば、お箸でご飯が食べられるか…歯を磨けるか…着替えられるか…電車に乗れるか…

 

 いつも無意識にやってることなら、出来ないかもしれないなんて思わないよね。

 自分の中では、できるのが当たり前になっているから。

 

 そうじゃなくて、やったことがないとか、やれなかったことがあったから不安に思うわけだよね。

 

 やれるとは限らないと思うから。

 

 もちろん、やれるとは限らない。

 意識的にやってることだったら。

 

 でも、無意識でやってることまで、不安に思うことはないよね?

 

 だから「もう何もできない」というのは言い過ぎだと思うよ。

 

 だって、無意識に出来てることも、いろいろあるんだから。

 

 だから、あなたに何ができるのかと言うと、あなたが普通にやってることは、あなたができることだよね。

 

 えっ?そんなことでいいの?って、あなたは思うかもしれないけど、大事な話だからちゃんと聞いて欲しい。

 

 あなたは忘れてると思うけど、お箸を持てない時もあったし、歯を磨けない時もあった。着替えられない時も、電車に乗れない時もあった。

 

 でも、どうやってそれを乗り越えたのかというと、諦めずに、やれるまでやったからだよね。

 

 不安に思ったり、自信をなくしたりすることは誰にでもあることだよ。

 

 それをやることを、真剣に考えれば考えるほど。

 

 そこで、諦めるか諦めないかの違いだけなんだよね。

 

 だから、いまは自信を失くしていたとしても、それはそれでいいんだよ。

 

 自信がなくてもいいから、あなたがやれる範囲のことをやればいいよ。

 

 今までやった範囲の中だけで、勝手にできないと決めつけないで。

 

 無理して、焦ることもないよ。

 あなたはあなたなんだから。

 

 あなたは、他の誰でもない。

 

 想像上のあなたでもないし、過去のあなたでもなく、そこにいるあなた。

 

 あなたが思ってるあなたでもない。

 

 他の誰かが思うあなたでもない。

 

 そこにいるあなたがあなた。

 

 そこにいるあなたじゃないあなたになろうとしなくてもいいから、あなたできる範囲でやってみたらいいよ。

 

 大丈夫。きっとできるよ。

 

 あなたは、あなたが思う以上の存在なんだから。

 

 えっ?なんでそんなことがわかるのかって?

 だって、私はあなたの未来だから。

 

 

 そう言ってあげたいと思ってます。

 

 あなたなら、過去のあなたに、何を言ってあげたいですか?

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、わたし自身のウツ病経験を踏まえて様々な支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

サービス案内は、こちらをクリック。

 

 イベントもやってます。こちらにも気軽にお越しください。



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。