不安を手放し、安心を手に入れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

几帳面で堅実な人が・・・

2016.10.05


今回も、学校での気づきを書きます。何千人もの生徒に教えた、先生の教え『どんな勉強にでも、活かせるコツ』は4つありますが、その内の2つは、前回の記事で書きましたので、今回は残りの2つについて、お伝えします。前回までのポイントを抑えていれば、今回も、自然に吸収できるはずです。

 

◎うつ病になりやすい性格?

ところで、少し話は変わるのですが、昔から『うつ病になりやすい性格』として、几帳面で堅実な性格、いわゆる『真面目な性格』(別名、執着性格)と言われています。そのせいなのか、まるで『真面目な性格』というのが、悪いことであるかの様な印象を持つ人がいるのですが、変じゃないですか?

 

◎真面目じゃない方が良い?

なかには「私、真面目じゃないんで」と、真面目じゃないことが良いことだと言わんばかりにアピールする人とか「真面目じゃないから悩まない」と、まるで「悩むのは真面目なせいだ」と言わんばかりに、持論をぶつける人もたくさんいますが、私からしてみれば「私はバカだから、風邪をひかない」って言ってるくらい滑稽なことです。

 

◎不真面目だって、バカだって

念のために言っておきたいのですが、たとえバカだって風邪はひきますし、不真面目だって、悩む時は悩みます。だから、不真面目だって、バカだって何もいい事なんてないはずなんです。単に「不真面目で、バカだね」と言う人がいるだけだと思うんです。

 

◎几帳面の方が良い

その一方で、几帳面だと良い所があります。例えば、しっかりと記録を取る人がいます。記録を取ると成長の過程がわかりますし、何かを間違っても、どこで間違ったのか戻れたり、修正点がわかったりします。それによって、成長と自信に繋がっていくわけです。

 

◎堅実な方が良い

同じように、堅実なのも良い所があります。例えば、しっかりと計画をする人がいます。計画をすると進捗の状況がわかりますし、トラブルがあっても「どこで挽回できるか」を考えたり、計画を見直すことができ、それにより安心と安全が手に入るわけです。

 

◎ここまでわかれば大丈夫

ここまで読んでくれたなら、あなたは几帳面で堅実なのがいいとわかるはずです。だから、あなたは大丈夫です。『どんな勉強にでも、活かせるコツ』を、既に自然と吸収できてるのです。今回吸収した2つと、前回の記事で、全4つを充分に完全に吸収できているのです。おめでとうございます。
hutuu
おい!今日の分の2つはどこだ!
と思いましたか?別にそうでもない?
既にお伝えしている内容ですが、
3.几帳面に記録を取ること
4.堅実に計画をすること
というのが、残りの2つになります。ちなみに『堅実に計画をすること』に関して、先生が補足をしていました。「それを学んだ後に、どうしたいのかというゴールを明確にして、そこから逆算して計画をたてるべき」との事。「夢や目標なしに勉強してもダメだ」ということなのかも知れないですね。

 

何かお手伝いできることがありましたら、気軽にご連絡ください

t-nakano@tokasu.com

サービス案内は、こちらをクリック。



PDF

関連記事

  • はじめてのマインドフルネス実践2017年5月26日

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。