不安を手放し、安心を手に入れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あれから1年が経ちました

2016.10.03


【Facebook】をやっていると「過去の思い出を振り返ってみよう」的なメッセージと共に、1年前の投稿が出てきたりします。すっかり忘れて「えっ?そんなこと書いたっけ?」と思うこともありますが、確かに書いたから残っているわけで…そんな中には「あなたは何が言いたかったの?」と(過去の自分に)突っ込みを入れたくなるような投稿もあります。

 

◎始めたキッカケは

少し振り返ると【Facebook】を始めたのは2012年1月でした。始めは、知人と連絡を取ろうとして、共通の知人に連絡したら「中野くんはFacebookをやってないの?」と聞かれ、取り残されないように登録したのがキッカケでした。だから投稿なんてするつもりもなく、知人と連絡を取り合うためのツールくらいの感じでした。

 

◎始めてしばらくは

そんなわけで、始めてしばらくは投稿するより、知人の投稿に対してたまに『いいね』を押すのが精一杯でした。少し慣れてきた辺りから、1年に数件の投稿をしてみましたが反応がないと(反応がないのは、当たり前ですが)「誰も、私になんて興味はないんだ」と寂しくなったりしてました。(汗

 

◎変わったキッカケは

それが変わってきたのは、学びの仲間が出来てからです。学びの成果を仲間で共有するために投稿が増えはじめ、いつの間にか、投稿することに対する恐怖がなくなってました。『いいね』がなくても、読んでくれていることがわかると、それだけで嬉しくなったりしました。『読んでくれる人がいる』と思うだけで安心して、書こうという気持ちになれるのです。

 

◎そんな私がいまは

そんなこんなで【Facebook】で投稿する様になるまで数年かかったのですが、そんな私が、今ではブログを書いているわけです。それも毎日。毎日1記事投稿し始めたのが1年前。今日のこの記事で1周年となります。365日欠かさず書き続けたのです。

 

◎道のりはFacebook

道のりは【Facebook】と同じでした。最初は「ブログを書けば?」と言われ、とりあえず自分専用の枠を作り、とりあえず数件の記事を書いてみました。ですが誰にも読まれてない(今にして思えば、当然なのですが)とわかると「誰も、私に興味はない」と寂しくなったりしました。でも少し読んでくれる人が出始め(日に数人)「読んでくれる人がいるなら書こう」と思え「いつまで続くかわからないが毎日1記事ずつ書くようにしよう」と決めることができたのです。

ippokara

◎つきなみな言い方ですが

「毎日書き続けられるって凄いね」と言って頂くことがありますが、コツは『毎日書き続けると決める』事です。
ですが、そうやって決められたのは、読んでくれる人がいるからなのです。
読んでくれる人がいるから、書ける。
聞いてくれる人がいるから、話せる。
感じてくれる人がいるから、伝える事
ができる
のです。そこにあなたがいるから、ここまで続けてこれたのです。

 

今日も、最後まで読んで頂いて有難う御座いました。
そしてこれからも一緒にいて下さい。

 

何かお手伝いできることがありましたら、気軽にご連絡ください

t-nakano@tokasu.com

サービス案内は、こちらをクリック。



PDF

関連記事

  • はじめてのマインドフルネス実践2017年5月26日

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。