うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

誰よりも、心に寄り添い相談にのる29

2016.11.13


どうせまた、何か買わそうとしてるんでしょ?」と感じるサイトが多く、嫌になってはいませんか?あるいは、「どこかで聞いたことある話ばかり」と飽き飽きしていませんか?今回も、そんなあなたに向けて、何も売らず、ここでしか聞けない、実際にあった話を紹介します。

 

●相談の要約

相談があったのは、今から4カ月前。
・母親がうつ病と診断され通院してる
・年齢のせいもあるのか、よく忘れる
・毎日聞かれるので嫌気が差している
・認知症の初期段階かもと心配してる
・薬や病院が合っていないかもと思う
と悩んでいらっしゃったお客様から、うつ病を持つ家族の接し方を知りたいと質問がありました。

 

●私の気持ち

そうなんです。本人も心配でしょうが家族も、いろいろと心配になります。だって、自分もかかったことがあれば「あぁ。わかるわかる。つらいよね」と状況をわかりつつ寄り添えますが、大抵はそうではないので、何をすればいいかわからずに不安になるんです。そういう不安も解消してもらうために私がいるのです。

 

●私が、お伝えたこと

そして私はお客様にお伝えしました。
「病院に不安があれば、病院を変えるのもいいことだと思います。その際に良い医者を見つけることが必要になるので、参考までにうつ病経験者として【良い医者を見分ける方法】をまとめたブログがありますのでご覧下さい。あと、医者との相談の上の話ですが、セロトニンを増やすことで、改善するかもしれません。普段のちょっとした工夫で、セロトニンを増やせる方法も紹介していますので、もし良かったら試してみて下さい。」

 

※お客様は、喜んで下さいました。

 

どこまで、お客様に寄り添えたのか、それは、いまの私にはわかりません。それでも、誰よりも、心に寄り添って相談にのれるよう、頑張っています。

寄り添う

何かお手伝いできることがありましたら、気軽にご連絡ください。

t-nakano@tokasu.com

サービス案内は、こちらをクリック。



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。