不安を手放し、安心を手に入れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【存在給】とは?

2016.10.21


【うつ病】と【適応障害】の経験者で【うつ病】と【適応障害】の再発予防コンサルタントをしている中野です。毎週聴いているpodcast番組に『ホントの自分を見つけるラジオ』があります。心屋仁之助氏と壹岐充恵氏のゆる~い会話を聞いている様な内容ですが、毎回「ほぉ~、なるほど~」と気づかされるので気に入ってます。先日は【存在給】という内容でした。

 

◎【存在給】とは

仁之助氏曰く【存在給】というのは、あなたが存在するだけで貰える料。「そんなこと、あり得ないでしょう」と聞いた瞬間は思いました。ですが、振り返ってみると、あり得るんです。例えば、我々が赤ちゃんだった頃には(その頃の記憶は全くありませんが)ただそこにいるだけで支援を受けてたはずなんです。

 

◎赤ちゃんの時だけではない

赤ちゃんの時だけの話ではないです。幼い頃から大きくなるまで、大人達が何かと支援をしてくれたから今がある(未だに支援を受けている事もある)はずです。でも、我々はそれに対して何も返してはいません。『存在する』という理由だけで、支援を受けてきたわけです。それが当たり前だと思っていたし、疑いもしなかったんです。

 

◎いつの間にか我々は

でも、いつの間にか我々は大人になり「何かを貰うには、何かをすべきだ」と思い込むようになってます。また、欲しい物のために、何かを必死にする(例:働く/自己主張/知識武装等)のが当たり前だと思い込んでいます。だから、人から無条件に何かを貰うと戸惑ったり、苦しんだりしてしまう…(例:私には、受け取る価値がない)あなたも、そんな経験ありませんか?

 

◎それが【存在給】だと思えば

でも「これが私の【存在給】なんだ」と捉えれば、戸惑ったり、苦しんだりすることはなくなる(?)わけです。今まで、貰ったことがないようなモノを貰えるようになったら「【存在給】が上がったな」と喜べばいい訳です。そして「私には受け取る価値がある」と周りから認めてもらった結果だと、堂々と喜んで受け取ればいい訳です。と、大体このようなことを心屋さんが言っていたと理解しています。

 

◎【存在給】は下がることも…

でも心屋さんは、こうも言ってます。
存在給は、下がることもある
・頑張って働くほど、歩合給は上がる
・歩合給が上がるほど存在給は下がる
つまり「頑張ると、存在給が下がる」と言うのです。なんとなくわかるのは
稼ごうとしてガツガツする人は嫌だ
「私を認めて」と主張する人は嫌だ
知識やスキルを見せつける人は嫌だ
という感じかなと思いますが…あれ?こういう事をずっとやって来た気が…

image
まぁ、なんということでしょう。」(某テレビ番組のナレーション風に)自分の価値を上げようとして、懸命に自分の価値を下げる様なことをしてたようです。「あ~…下げちゃった…」とガッカリしてますと、心屋さん曰く「存在給は上げられる」とのことで…「科学的な根拠はないが、頑張るのをやめると存在給が上がると判明した」とのことです。どうやら、ありのままでいると存在給が上がるらしいです。信じるか信じないかは、あなた次第!ですけどね。 

 

何かお手伝いできることがありましたら、気軽にご連絡ください

t-nakano@tokasu.com

サービス案内は、こちらをクリック。



PDF

関連記事

  • はじめてのマインドフルネス実践2017年5月26日

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。