不安を手放し、安心を手に入れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病を調べて、過去を振り返る5(ディスチミア親和型うつ病)

2016.09.11


こんにちは。鬱病経験者の中野です。
「私は、何回も鬱病を発症している。だから、うつ病に詳しいと思ってた。だけど、医学大辞典を見たら違った」という事から始まった当シリーズも、遂に最終回です。前回が最終回の予定でしたが、前回の終わりに南山堂博士が言った『ディスチミア親和型鬱病』について触れてから終わりにします。これを知ることで『うつ病とは何か』の理解が深まるようで…前回の会話の続きから少し覗いてみましょう。

 

「『うつ病とは』となると、『ディスチミア親和型鬱病』について聞きたくなるはず」なんて言われたら、気になるじゃないですか!意地悪せずに教えて下さいよ。
南山堂博士
意地悪ではなくてですね〜。私は「これが知りたい!」と思う方に対して説明するのが基本姿勢です。そうでない方に対しては、説明しません。第一、知りたいと思ってない方に対して説明しても、消化不良を起こすだけでなくて…
は〜い。すみません。意地悪じゃないと分かりましたから『ディスチミア親和型鬱病』について教えて下さい。
南山堂博士
ほ〜い。では…ご要望につき『ディスチミア親和型鬱病』について説明しま〜す。
気持ちの切り替えが早いなぁ

 

◎『ディスチミア親和型鬱病』

南山堂博士
ディスチミア親和型鬱病』とは、精神病理学者であった樽味廼伸が2005年に名付けたものです。
えっ?結構新しいんですね。私が最初に発症した2003年には無かったんですね〜。
南山堂博士
…えぇまぁ…先に進めます。以前は、うつ病になりやすい人は、几帳面、秩序を愛す、他者に気配りをする性格だと指摘されていました。これは1930年代に精神医学者の下田光造が提唱したもので…
えっ?1930年代?そんな昔から?第二次世界大戦以前から『うつ病』があったと…
南山堂博士
…えぇまぁ…でも2000年以降に、それまでとは違ってもともと規範的でなく、逆に規範に閉じ込められることを嫌い、自身への愛着が強く、漠然とした万能感をもち易い一群が台頭してきて…
まるで、私のことを言われている気がします。
南山堂博士
…あぁ、そうですか…続行。特徴としては、置かれた立場や環境の変化で急速に回復、うつ病の診断に協力的で自ら精神科受診しやすい、休養と服薬のみ、しばしば慢性化…
それも、当てはまる気が…
南山堂博士
…という事で、従来のうつ病とは対象的であるという訳でマスメディアなどで『現代型うつ病』とか『新型うつ病』などの名称で呼ばれてます。
これが『新型うつ病』と言うやつなんですね。だったら、現代型とか新型とか言わずに『ディスチミア親和型鬱病』で統一すればいいのに…
南山堂博士
用語の使用には慎重を要すべきで…(何と呼ぼうとも)診断基準や治療ガイドラインは存在しません。他の病気との相違に関しても、明確には整理されておらず、さらなる精神医学的研究が必要です。
…ってことは…つまり「私は『ディスチミア親和型鬱病』なのかもしれない」と言ったところで、診断基準も明確な整理もない中「馬鹿だな〜」と思われるだけだよと?
南山堂博士
…まぁ…そういうことです。
…あっちゃ〜馬鹿でした〜。
南山堂博士
…そうですねぇ…ってことで『ディスチミア親和型鬱病』の説明を終わります。そしてこの中で、うつ病の捉え方が変わって来ていることも説明しました。それらも踏まえて『うつ病とは何か』についてまとめて下さ〜い。

 

◎『うつ病』とは

…はい…それではいきます。『うつ病』とは「現代病ではなく第二次世界大戦以前からあった病気。主症状としては第1回から第4回を要参照。昔は、生真面目で、几帳面な人が発症すると言われてた。2000年以降は、変わって来ており、これをマスコミが『現代型』とか『新型』とか呼んでいるが、明確な定義はない。用語の使用は慎重に」というまとめでいいですか?
南山堂博士
いいと思いま〜す。
いよいよ最後となりました。これまで、丁寧に解説頂き、誠にありがとうございます。
南山堂博士
そうですね。『うつ病とは』という意味では終了ですね。しかし、先ほども言った様に更に精神医学的研究が必要な分野でもあります。他の病気である『適応障害』との相違についても、調査を進めると更に理解が進むでしょうね。
…また…気になることを…

What's_depression

今回は如何でしたか?

 

『うつ病を調べて、過去を振り返る』シリーズは、今回で終了になります。しかしながら、うつ病に関連する様な他の精神疾患との違いについても調査が必要な様です。個人的には調べますが、また、機会があれば投稿します。いつの日か…お楽しみに。

 

何かお手伝いできることがありましたら、気軽にご連絡ください
t-nakano@tokasu.com
サービス案内は、こちらをクリック。



PDF

関連記事

  • はじめてのマインドフルネス実践2017年5月26日

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。