うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

ライフラインを守るグッズ

2019.10.01


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 

 先日注文したものが届きました。

 

 

 何かあった時のための防災グッズ。

 

 

 中にはグッズと言いづらいような物もありますけど…汗

 

 

 とにかく、これで何か起きても家族を守れると思います。

 

 

 何しろ、火と水と電気さえあれば、大抵のことはできますから。

 

 

 逆に、絶たれると一番こまります。

 


 

 先日紹介したものを見逃したという方もいるかもしれませんので、念の為に再度ご紹介しておきますね。

 

 
 まずは、電気の確保から。


 

 これは、太陽光で充電できる大容量バッテリーです。


 いざという時に、バッテリーがないとスマホもタブレットも使えない事態になりますが、これがあれば困らないと思い購入しました。

 

 

 本当は、家族4人分購入したかったのですが、1人2台までしか注文できませんでした。

 

 

 妻の名前で、もう2台購入してもらおうかと考えているくらい満足しています。


 

 次は、水を確保するグッズです。

 

 

 水を確保するというとペットボトルなどに入った水を備蓄するのが普通だと思いますが…それはそれで用意する方がいいとは思いますが…どれだけの量を備蓄すればいいかわかりません。

 

 

 1週間で助けがくるのが確実なら、1週間分の水を用意しますけど…確実なことなんて一つもありませんし。

 

 

 一方で「飲料水は近くにないけど、飲めないような水ならいっぱいある」という状況は、容易に想像できます。

 

 

 特に、台風の時など。

 

 

 大雪の場合などもそうですよね。

 

 

 「すぐそこに水があるのに飲めないなんて…」という状況におちいらないために、汚れた水でもこの浄化器具を使えば、綺麗な水として飲めるというグッズです。

 

 

 これは、普段から持ち歩いて欲しいと思って、家族4人分購入しました。

 


 

 最後は、火の確保です。

 


 

 普通の人は、これだけ手元にあっても、どうすればいいかわからないかもしれませんけど…

 

 

 実は、うちにはキャンプ道具がいろいろありまして…ホワイトガソリンがあれば、ガスコンロで料理を作ることも出来るし、ガスランタンで家を灯すこともできます。

 

 

 ですが、それらの道具を持ってない方にとっては、ただの燃料です。

 

 

 それに、とても揮発性が高いので、蓋を開けただけですぐに蒸発します。

 

 

 まるでアルコールのような感じ。

 

 

 慣れていな方には扱いづらいので、キャンプ道具を持っていない方は聞き流してください。

 

 

 ちなみに、このホワイトガソリンは4リットル入りを2缶買いました。 

 

 

 10年ほど前に購入した4リットル入り缶が、まだ残っているのに。

 


 

 とにかくこれで火と水と電気の確保ができました。

 

 

 食料も(10日分ですが)確保できています。

 

 

 これで「災害なんて、どこからでもかかってこい!」って感じです。

 

 

 まぁ、災害なんて、なければないに越したことはありませんけどね。

 

うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。