うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

あと1つだけ。

2019.08.29


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 

 あと、残り1つとなりました。

 

 

 やっとここまで辿り着きました。

 

 

 途中、何度か挫けかけましたが…

 

 

 応援してくれる人がいると、頑張れるものですね。

  


 

 心理学の研究法に関するレポートを今週中に4つ提出しなければいけないと気づいたのが1週間前でした。

 

 

 課題の提出が遅れ気味になっていることは気づいていましたが、まだ余裕があると思っていたんです。

 

 

 でも、何となく胸騒ぎがして…

 

 

 勉強計画を見直してみたら…

 

 

 かなりマズイ状況だと気づき…

 

 

 慌てて、図書館で本を7冊借りて…

 

 

 必死にレポート作成に取り掛かったという話をブログに書いてから3日。

 

 

 結果的に1日に1つくらいのペースでレポートを作ることができました。

 

 

 これは、ある人の応援のお陰です。

 


 

 正直言って「駄目かもしれない」と挫けかけていたんです。

 

 

 計算では、1日1つのペースで作成すれば間に合うわけですが、1日目は本を読むだけが精一杯になって、結局1つも書けなかったんです。

 

 

 3日間でレポート4つを書かないと間に合わない計算になりました。

 

 

 「じゃあ、1日に2つ書くペースで頑張らないといけない」と頑張って…

 

 

 2日目に書けたのが、やっと1本。

 

 

 こんなんじゃ、絶対間に合わない。

 

 

 「もう駄目かもしれない…」

 

 

 そんな時でした。

 

 

 応援のメッセージを貰ったのは。

 


 

 私が書いた本を、何度も読んでいて「励まされている」とのことでした。

 

 

 その言葉を聞いて、私の方が励まされました。

 

 

 「そうだ!私がやりたいのは、そういうことなんだ!悩んでいる方に寄りそって、少しでも楽になったり、少しでも元気を取り戻す所を観たいんだ!こんなレポートごときで、挫けていてどうするんだ!頑張れ!俺!」

 

 

 そう思ってアクセル全開にして…

 

 

 3日目は、レポートを2つ完成。

 

 

 「やればできるじゃないか」

 

 

 そんな言葉を自分にかけながら、今ブログを書いています。

 


 

 挫けかけている時、大事なのは奮起することではなく、誰かの応援です。

 

 

 今回、それを改めて実感しました。

 

 

 応援してくれる人がいるというのは心強いものですね。

 

 

 いつも、ありがとうございます。

 

うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。