うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

心理職の職業倫理 第6原則について

2019.10.30


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 

 今回も、前回の引き続きで『心理職の職業倫理』の話(心の健康の専門家としての倫理観)をします。

 

 

 今回は、紹介するのは第6原則。

 

 

 『インフォームド・コンセントを得、相手の自己決定権を尊重する 』。

 

 

 なんか、聞き慣れない言葉が出てきましたね。

 

 

 『インフォームド・コンセント』とは、何のことでしょう。

 

 

 英語で書くと、informed consent。

 

 

 『informed』とは『知らせた』という意味。

 

 

 『consent』とは『同意』という意味。

 

 

 つまり『informed consent』とは『知らせた上での同意』という意味です。

 

 

 ですから、先程の『インフォームド・コンセントを得、相手の自己決定権を尊重する 』という言葉を平たく言うと『知らせた上での同意を得、相手の自己決定権を尊重する』という意味。

 

 

 「最初から、そう言えばいいのに…」と思うのは私だけでしょうか?

 

 

 まぁ、医療の世界では良く使われる言葉らしいので「これくらいの言葉は知っておけよ」ということですかね。

 

 

 そして、教科書の説明には、もっと分かりやすく書いてありました。

 

十分に説明した上で本人が合意することのみを行う。相手が拒否することは行わない(強制しない)。記録を本人が見ることができるようにする、など。

(引用元『公認心理師の職責』/野島一彦編/遠見書房/2018/P 49/表1 職業倫理の7原則)

 

 

 そう言えば、昔、こちらが頼んでもいないのに、勝手にカウンセリングのようなことを始めて、治療をしようとしてくる人がいました。

 

 

 やんわりと断ったつもりでしたが、ずっと続けて来るので「そう言うのを『大きなお世話』って言うんです!」って言ってしまいましたけど。

 

 

 もっと、別の言い方があったかも…

 

 

 過ぎたことは仕方がありませんが…

 

 

 多分、あんなことをしてはいけないということだと思います。

 

 

 私自身が、されたことがあるので、そういうことをされるとどれだけ嫌かが良くわかります。

 

 

 多分、あの人達は「こういうことをしてはいけない」ということを学んでないんだろうと思います。

 

 

 車で言えば、交通ルールを知らない状態で車を運転しているようなもの。

 

 

 危険ですよね。それで事故とか起きたら、誰が責任を取れるんでしょう。

 

 

 運転してる側に悪気がないんです。

 

 

 ただ、ルールを知らないだけです。

 

 

 でも、事故にあった方としてはそれでは済まされませんよね。

 

 

 「知らなかった?それで済むと思うなよ!」って感じですよね。

 

 

 まぁ、交通ルールは守らないと警察が取り締まってくれるから、無法地帯というわけではありませんけど。

 

 

 それは、交通ルールの場合の話。

 

 

 心理の世界では、個々人の倫理観に頼っているのが現状です。

 

 

 取り締まる機関もありません。

 

 

 何か大きな問題が起きない限りは、法律ができることもないかもです。

 

 

 何か起きてからでは遅いんですが。

 

 

 何か揉めてからでは遅いんですが。

 

 

 だからこそ『知らせた上での同意』が大事なんですよね。

 

 

 あとで「言った」、「言わない」で争うことがない様に、ちゃんと同意を得た上でカウンセリングを行い、途中でも相手が拒否する場合は、止める。

 

 

 これが大事だということですね。

 

 

 あなたも気をつけてくださいね。

 

 

 もしも誰かが勝手に、あなたの心に土足で踏み込んで来ることがあれば、相手にこう言ってやってください。

 

 

 「インフォームド・コンセントを、得てからやってください!

 

 

 って。

 

うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。