うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

生きたい人生を生きるために大切なこと

2019.09.20


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 

 9月23日は、秋分の日。

 

 

 この前まで暑かったのに、もう秋。

 

 

 早いものですね。

 

 

 うかうかしていると、冬が来ます。

 

 

 そして、クリスマスが来たと思ったら、正月が来て…春になって、新しい年度が始まって…また夏が来て…

 

 

 1年なんてあっという間です。

 

 

 「2020年に東京オリンピック」と聞いた時には、まだまだ先だなぁ〜って思っていましたけど、もうすぐ。

 

 

 東京オリンピックに招致するために「おもてなし」という言葉でスピーチした滝川クリステルさんも、もうすぐお母さん。

 

 

 時が経つのは、本当に早いですね。

 


 

 ところで、9月は月曜が祝日になる日が2回もあって、2週連続で3連休だという人も多いと思いますが、如何お過ごしでしょうか?

 

 

 「遠くまで出かけるぞ!」って人もいれば「近場で過ごそうよ」って人もいるでしょう。

 

 

 「家でのんびり過ごすよ」って人もいれば「やることが多すぎて忙しい」という人もいるかもしれません。

 

 

 どんな過ごし方をしても、それぞれの自由ですから、それでいいと思うんです。

 

 

 でも…

 

 

 ちょっと考えてみて欲しいんです。

 

 

 もしも、医者から余命宣告をされたとしたら、それでも同じような時間の過ごし方をするでしょうか?

 

 

 もっと他にやりたかったことがあるんじゃないでしょうか?

 

 

 死ぬまでにはやっておきたいと思うことがあるんじゃないでしょうか?

 

 

 もしも、いますぐには思いつかないとしたら、それをいろいろ考えてみるという時間の過ごし方もいいかもしれませんね。

 

 

 人は、いつか必ず死ぬんですから。

 

 

 その時になって、焦ってしまったり後悔したりしないように。

 

 

 「縁起の悪いこと言わないでくれ」と思う人もいるかもしれませんけど、「死ぬまでにこれだけはやりたい!」というリストを作っておくと、生きる気力にもなるんじゃないでしょうか?

 

 

 「あれをやるまでは死ぬものか!」って。

 

 

 そして、思いついたら、片っ端からやってみるといいと思うんです。

 

 

 何も、余命宣告をされるまで溜めておく必要はありません。

 

 

 何かにチャレンジすると、別の何かにもチャレンジしたくなりますから、やりたいことはどんどん湧いてきますから。

 

 

 そうして、思うはずです。

 

 

 「こんなにやりたいことが残ってるんだから、おちおち死んでられない」って。笑

 

 

 そんな人生、素敵だと思いません?

 

うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。