うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

何故か焦ってしまう時に読んでみてください。

2019.07.05


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 最近、妙に焦ってしまいます。

 

 特に焦る理由はないんですけど…

 

 気がつくと焦っているんです。

 

 本当はゆっくり落ち着きたいのに。

 

 焦って話そうとしたり、焦って食べようとしたり、焦って歩いてしまう。

 

 お風呂に浸かる時でさえ焦ってる。

 

 これは、かなりヤバイ状況です。

  


 

 ついこの前までは、何故焦っているのか分かっていました。

 

 それは、やらなきゃいけないことが沢山ありすぎたから。

 

 そして、どれも期限が迫っていた。

 

 そりゃぁ焦って当然ですよね。

 

 でも、いまはそれらから開放されたはずなんです。

 (いくつかは残っていますが 汗

 

 だから、焦る理由はないはずです。

 

 だから、不可解なんです。

 

 なにを一体焦っているんだろうか。

 

 って。

 


 

 だから心に聞いてみました。

 

 あなたは『焦る』ことで、何を手に入れたいと思っているの?って。

 

 ・・・

 

 返ってきたのは『心の余裕』でした。

 

 そして聞きました。

 

 あなたが充分に完全に『心の余裕』を得た時、次に欲しいものは何?

 

 ・・・

 

 返ってきたのは『安心』でした。

 

 そして聞きました。

 

 あなたが充分に完全に『安心』を得ている時に、次に欲しいものは何?

 

 ・・・

 

 返ってきたのは『ただそこにいる』ということでした。

 


 

 時に私達は、不可解で矛盾するような行動をとることがあります。

 

 今回の場合も、本当に欲しいものは『ただそこにいる』や『安心』だったのに、行動としては『焦る』ということでした。

 

 頭で考えると不思議ですよね。

 

 でも、心の中ではそういうロジックになっていたということなんです。

 

 だから、ロジックを書き換えていきます。

 

 『ただそこにいる』という気持ちで満たされていたら『心の余裕』が欲しいと思っていた気持ちは、どう変わっていくだろうか。

  

 既に『心の余裕』がある感じがします。

 


 

 私は、早く何かを片付けしまうことで、時間の余裕ができて『心の余裕』が生まれると思っていた様です。

 

 そうではありませんでした。

 

 『心の余裕』は、何かをすることで得られるものではなく、単にそう感じればいいもの。

 

 何かをしたら『心の余裕』が生まれるのではなくて、いつも『心の余裕』を感じた状態で生きるということ。

 

 『心の余裕』を感じることに、条件なんて必要なかったんです。

 


 

 心のロジックを変更しました。

 

 これでもう焦って話したり、焦って食べたり、焦って歩いたりすることもなくなるはずです。

 

 私が欲しいのは、それではないのですから。

 

 明日は、焦らずにゆったりした休日にしたいと思います。

 

 あなたはいかがですか?

 
うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。