うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

自信を持つための小さな一歩

2019.05.23


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 あなたは、こんなことを思っていたりしませんか?

 

 どうせ自分は、何をやってもダメ。

 

 本当は自信を持ちたいけど、こんな自分が自信なんて持てるわけがない。

 

 こんな自分のままで生きていていいんだろうか。

 

 もし、そう思っていたとしたら…

 

 この記事は、きっとあなたに喜んで頂けると思います。

 

 あなたに読んで欲しくて書いた内容ですから。

 


 

 ほんのちょっとしたことで、自信を取り戻すことができるとしたら、試してみたいと思いますか?

 

 それも、無料だとしたら?

 

 用意するものは、紙と鉛筆だけだとしたら?

 

 いますぐやってみたくないですか?

 

 …

 

 もしかして、怪しい話だと思ったりしていませんか?

 

 そう思われても仕方ないですよね。

 

 「そんな簡単に自信が取り戻せたら苦労しないよ」って。

 

 まぁ…やるかやらないは本人の自由ですから無理強いはしませんけど…

 

 よかったら、試してみて下さい。

 


 

 用意するものは、小さな紙とペン。

 

 紙は、名刺サイズがベストです。

 

 大きな紙を、名刺くらいの大きさに切って使っても大丈夫です。

 

 その紙の、左上辺りに今日の日付を書きます。

 

 そして、今日、あなたがチャレンジしてみたいことを5つ書きます。

 

 難しすぎても大変だけど、簡単すぎてもつまらないので、ちょっと背伸びをするくらいの内容がいいです。

 

 5つも書くのが大変だったら、4つでもいいし、3つでもいいです。

 

 多すぎても大変だけど、少なすぎてもつまらないので、3つ以上は書いて欲しいと思います。

 


 

 うつ病で、長期の休職中だった時の私だったら、こんなことを書いていただろうと思います。

 

1.朝、7時までに起きる

2.スーツを着て家を出る

3.通勤の電車に乗ってみる

4.会社の最寄り駅まで乗り続ける

5.改札口にタッチして帰ってくる

 

 いまの私だったら、日常的にやっていることなので、チャレンジにはなりませんが、あの時の私だったら、少し背伸びをしないと無理でした。

 

 5つのうち、どれ1つとっても。

 

 あの頃の私に教えてあげたいです。

 

 「無理なく5つ全部できる日が必ず来るからね」って。

 


 

 とにかく、あなたがちょっと背伸びしてチャレンジしてみたいと思うことならなんだっていいんです。

 

 もしかしたら、全部できるかもしれません。

 

 もしかしたら、全部できないこともあるかもしれません。

 

 1つしかできないかもしれません。

 

 それでもいいんです。

 

 やれなかったことに目を向けるのではなくて、やったことに目を向けるのが重要なんです。

 

 少なくとも、チャレンジはしたわけですから、それでいいんです。

 

 チャレンジした自分を褒めてあげて欲しいんです。

 

 そして、1日が終わる時に、この紙を破ってください。

 「今日1日、よく頑張りました」

 

 と、自分に伝えて。

yokuyattane

うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。