うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

人に睨まれる理由

2019.04.02


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 何だか今日は、やけに人に睨まれる日でした。

 

 駅までの道で、すれ違う人に睨まれたと思ったら、駅前では警備員さんに睨まれ、改札では出て来る人に睨まれて。

 

 何だろう、そんなに私が邪魔?

 

 人の邪魔になるほど太っている自覚はありませんが、相手の方からすると邪魔に感じられているんだろうか…

 

 そんなことも思っていました。

 

 そんなことを思っているとだんだんとイライラしてきて、満員電車の中でちょっとだけ押してくる人とか、椅子に座って足をくんだり、足を伸ばしている人を見ているだけで怒りが湧いてきて「コラ!ええかげんにせえよ!」って言いたくなるのを堪えたりして。

 

 「なんか、心が荒んでるなぁ〜」

 

 って思っていたんです。

 

 イライラって伝染るものですね。

 

 とりあえず、なんとかしないと仕事に支障が出そうだったので、気持ちを切り替えて職場に入りました。


 

 仕事中も「なんじゃこりゃ!!」と思うようなことが多々ありましたが、怒りを抑えながら、定時過ぎに退社。

 

 帰りの電車も同じでした。

 

 ジロジロ見る人や、睨んでくる人。

 

 椅子に座ると、横に座っていた人が機嫌の悪そうな顔でこっちを見たり。

 

 「なんやねん!太ってる奴は座ったらアカンって言うつもりなんかい!

 

 そんなことを心の中で呟いたり。

 

 やっと駅に着いたと思ったら、駅に向かってくる人に睨まれたりして。

 

 「もしかしてチャック開いてる?」

 

 そう思って、さりげなく股間に手を伸ばしましたが、チャックは閉まっていました。

 

 「なんやねん!!俺が何をしたって言うねん!

 

 そんなことを心の中で叫びながら、帰宅。

 

 「あぁ、もう散々な日やったなぁ」

 

 そんなことを思いながら、洗面所に行って顔を洗おうとしたら…

 

 鏡の向こうで、思いっきりこちらを睨んでいる私がいました。汗

 

 「こんな顔をしてたら、睨まれるのも当たり前やんなぁ〜」

 

 そうつぶやくと、鏡の向こうの私が笑みを浮かべていました。

 

 私がキッカケだったようです。 笑

taninngotodehanai

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。