うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

悩んだり迷ったり困ったりすること

2019.02.01


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 
 「こちらに連絡先をご記入下さい

 

 そう言われるたびに、嫌な気持ちになるんです。

 

 そのたびに、自分の携帯電話番号を確認しないといけないので。

 

 あなたは、覚えてますか?

 

 自分の携帯電話の番号。

 

 または自宅の電話番号。

 

 私は全く覚えていません。(汗)

 


 

 最近、全く覚えられないんです。

 

 特に、道とか電話番号とか。

 

 覚えなくても困りませんから。

 

 道は、Google Mapが案内してくれます。

 

 電話番号も、選ぶだけで番号を入力する必要はありません。

 

 だから、覚えなくても困らない。

 

 だから…覚える気持ちにならない。

 


 

 昔は違いましたよね。

 

 携帯電話なんかなかったから。

 

 外で誰かに電話したいと思ったら、公衆電話からかけるしかなかった。

 

 だから、よくかける電話番号は自然と覚えました。

 

 道だって、昔はナビなんてなかったから、地図を調べるしかなかった。

 

 だから、よく行く場所は自然と覚えました。

 

 名古屋から岐阜…長野…静岡…四国までだって、地図を見ないで車を走らせることができました。

 


 

 「前は、ここで迷ったんだよな〜

 

 そういう場所って覚えてますよね。

 

 迷った場所とか、間違った道とか。

 

 何キロも進んで、間違いに気づいて戻った道なんかは特に。

 

 失敗したことは、強烈に記憶に残ります。

 

 だから…

 

 最近思うんです。

 

 失敗しないから覚えないんだろうなって。

 


 

 どこに行くにもナビ任せです。

 

 電話するのもクリックするだけ。

 

 間違えることもないし、困らないし失敗もしません。

 

 その分、ストレスが減ったかもしれませんけど…

 

 何か大事なものを失ってる気がするんです。

 

 何も考えなくてもどこでも行ける。

 

 何も考えなくても電話ができる。

 

 考えることも減った気がします。

 


 

 たまには、迷わないといけない気がします。

 

 たまには、困らないといけない気がします。

 

 たまには、失敗しないといけない気がします。

 

 そうじゃないと、自分の経験として残らない気がするんです。

 

 人生を振り返っても、失敗したことが一番経験として残っています。

 

 もうそんな失敗をしないように。

 

 そして、何度も失敗したことが成功すると、とても嬉しい体験として記憶に残ります。

 

 そうやって、私たちは生きてきたと思うんです。

 

 だから…

 

 たまには、便利なものを手離して、困ったり悩んだりしてみるのもいいと思うんです。

 

 ナビに頼らずに、知らない街を歩くとか。

 

 公衆電話から知り合いに電話をしてみるとか。

 

 あなたなら、何に困ったり悩んだりしてみたいですか?

tebanasu

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、まずは気軽に、ご相談ください。

[contact-form-ひ7 id=”8101″ title=”お申し込み簡易バージョン”]

PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。