うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

演奏できるオルゴール

2018.08.12


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 オルゴールの音って、心が癒されると思いませんか?

 

 オルゴールと言えば、よく目にするのが、蓋を開けた瞬間に演奏が始まるタイプ。

 

 小さな箱に仕掛けられたオルゴールがゼンマイで動くようになっていて、背中についてるネジを巻くやつです。

 

 よく聞くのが「エリーゼのために」や「星に願いを」。

 

 金属がピンと弾かれる音が、何だか心地よく感じます。

 

 最近は「心を癒すオルゴールの音」とか言って、CDが売られてたりするんですが…私も以前に買ってみましたが…何となく違う感じがするんです。

 

 聞き始めは「オルゴールの音だ♪」って思ってリラックスして聞いているんですが…なんか違うんです。

 

 うまく言えないけど、オルゴールの音はするけど、オルゴールじゃないとうか…

 

 「なんかいいやつないかなぁ~」と思っていると…スイスオルゴールってのがいいらしいとのことですが…

 

 非常に高い。

 

 2万円とか3万円とか…もっと高いのだと20万円以上するものやも…

 

 じゃぁ、自分で作ってみるか?

 

 ってことも考えましたが、そんなに簡単に作れる気がしません。

 

 それに…

 

 もし作れたとしても、オルゴールが演奏できるのは1曲だけ。

 

 その曲に飽きたら、また別のものを買うか作るかしないといけない。

 

 どこかに、いろんな曲を自由に演奏できるオルゴールってないのかなぁ。

 

 

 そんなことを思っていたんです。

 

 

 そんな時、部屋の片付けをしていたら…見つけました。

 

 

 カリンバ。

 

 

 もう十数年前に、ふと楽器屋さんで見つけて買っていたものでした。

 

 

 カリンバってご存知ですか?

 

 

 木の板のようなものに、オルゴールのピンのようなものが並べてあって、それを親指で弾いて鳴らす楽器です。

 

 

 何気なく入ってみた楽器屋さんで、何となく気になって買いました。

 

 

 たしか千円くらいだったので「飲みに行くことを考えれば安い買い物だ」と思って。

 

 

 でも、家に帰って弾いてみて…失敗したなぁと思っていたんです。

 

 

 よく見たら、ピンが1オクターブ分(ドレミファソレシドの8音階だけ)しかなかったんです。

 

 

 これで弾ける曲って「きらきら星」とか「チューリップ」くらいだと思うんです。

 

 

 いい大人が、家での楽器の練習で、「きらきら星」とか「チューリップ」とか弾いてられません。(笑

 

 

 というわけで、ほとんど弾くこともなく、棚の奥で眠っていたんですが…

 

 「そうかぁ!これがあったかぁ!」

 

 カリンバは、演奏できるオルゴールといっても過言ではない楽器です。

 

 いい時に思い出させてくれました。

 

 1オクターブ分しかないけど。

 

 …

 

 というわけで、ちゃんとしたものを買うことにしました。

 

 

 少なくとも、1オクターブ以上あるカリンバ。

 

 

 そして、見つけました。

 

 

 17音階あるカリンバ。

 

 

 まだ届いたばかりで、ぜんぜん弾けませんけど…いつかは聞いてもらえるようになりたい。

 

 そして、聞いてくれた人が癒されるような演奏をしたい。

 

 そんなことを思っています。

 

 その小さな一歩を踏み出したところです。

 

 弾けるようになったら、真っ先に、お知らせしますね。

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、わたし自身のウツ病経験を踏まえて様々な支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。