うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

もう誰もあなたの心を傷つけることなんてできない。

2018.07.25


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 

 どこにでも、簡単に人の心を傷つけてしまう人っていますよね。

 

 

 中には、意図的に傷つける人もいるし、そんなつもりがなくて傷つける人もいます。

 

 

 まぁ、傷つける側がどんな気持ちかなんてどっちでもいいんですけど。

 

 

 

 大事なのは、傷つける側の気持ちではなくて、傷つけられる側の気持ちですから。

 

 

 

 傷つける側の気持ちが分かれば心が傷つかないというなら…いくらだって考えますけどね。

 

 

 まぁ、そんなわけはないわけで。

 

 

 だから辛いんですよね。

 

 

 そして、そうやって人を傷つける人に会うのが怖くなる。

 

 

 どうにかその人に会わずに済む方法はないだろうかと思う。

 

 

 そして祈ります。

 

 

 どうか、あの人に傷つけられませんように。

 

 

 でも…

 

 

 …その祈りは届かず…

 

 

 また心が傷つけれられてしまう。

 

 

 そして今度は思うんですよね。

 

 

 「あの人なんかいなくなればいい

 

 って。

 

 

 私も、あの頃はそう思ってました。

 

 

 でも、その人がいなくもならなず…

 

 

 毎日、仕事に行くのが辛かった。

 

 

 できれば、全てを捨てて、今すぐに逃げ出したいと思っていました。

 

 

 でも…それもできない。

 

 

 生活もしていかなきゃいけないし、逃げ出したと思われたくなかったし…

 

 

 でも…

 

 

 結局は、うつ病になって…ドクターストップがかかって…逃げ出した状態になってしまったわけですが…

 

 

 ほっとする反面、逃げ出したという負い目も感じていました。

 

 

 そして、休んだ後も自分を責めて…

 

 

 仕事に復帰する自信もなくなった。

 

 

 だって、またその人に傷つけられるかもしれないし、その人じゃなくても別の人に傷つけられるだろうから。

 

 

 どこに行っても、避けられない。

 

 

 だから、自分の心を守る方法を身につけるまでは、どんな仕事もできないと思っていました。

 

 

 でも、ある時学んだんです。

 

 

 自分の心を傷つけているのは自分だということを。

 

 

 ・・・

 

 

 知った時は相当ショックでした。

 

 

 私を傷つけてきた人達を憎んできたのに、傷つけていたのは自分なんて。

 

 

 人のせいで傷つくと思っていた方が楽だったかもしれない。

 

 

 全部、人のせいにできたから。

 

 

 でも、本当のことを知ってしまったからには、もう受け止めるしかない。

 

 

 そして、自分の心をクリアにし続けました。

 

 

 自分の心を傷つけるプログラムを、一つ一つ丁寧に解除していきました。

 

 

 そして…

 

 

 人の心を傷つけやすい言葉を使う人には、決して心を開かない様にした。

 

 

 その人の言葉が耳に入ってきても、それを心に入れる必要はないんです。

 

 

 そして、それが私を責める言葉だとしても『私』という名の別人のことを責めている言葉として流して、その人はその人のことをそう思うんだなぁ~って思えばいい。

 

 

 自分の心を開く必要はないんです。

 

 

 他人を心に招き入れる必要もない。

 

 

 私達が心を許した人以外は。

 

 

 これさえ覚えておけば、誰にも私達の心を傷つけることなんてできない。

 

 

 私達以外は。

 

 

 だから、もう大丈夫ですよ。

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、わたし自身のウツ病経験を踏まえて様々な支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

お名前※

例:中野 剛士

メールアドレス※

半角入力 例:info@tokasu.com

お問い合わせ内容



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。