うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

未来のために

2018.04.14


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 

 土曜日に、相模湖に行きました。

 

 

 相模湖というは、相模川をせき止められて造られたダム湖です。

 

 

 作り始めたのが1940年とのことですから、第二次世界大戦が開戦して間もない頃。

 

 そして、日本も参戦をして…戦争に負けて…占領されていた1947年に相模湖が完成。

 

 国民から自由が奪われていた時代に作れたダム湖。

 

 きっと、ダムを作るために、無理に土地を奪われた人達もいたでしょう。

 

 

 そんな相模湖に、何しに行ったのかというと…

 

 

 合唱団の強化練習に行ったんです。

 

 6月末の演奏会に向けた強化練習。

 

 演奏会で歌う曲の1部を、徹底的に歌い込む練習会でした。

 

 そして、その徹底的に歌った曲が…

 

 

 千原英喜氏作曲の『おらしょ』

 

 

 『おらしょ』はラテン語のオラシオに由来する言葉で、隠れキリシタンに伝わる祈りの歌を意味します。

 

 そして、この歌には隠れキリシタンの嘆きや悲しみが込められています。

 

 でも…

 

 この歌には、希望も歌われている。

 

 どんなに迫害されても、神を信じて「今は苦しくても、先には助かる道がある」と歌っています。

 

・信仰の自由が存在しない時代

・言論の自由が存在しない時代

・迫害や差別が横行していた時代

 

 今の私達には、想像もつかない時代です。

 

 そんな時代にあっても、決して希望を忘れなかった。

 

 

 それに比べたら、私達は幸せです。

 

 あの時代の人達から見たら、まるで天国だと思います。

 

 彼らが何とか手に入れたかった自由を、私達は手にしているんですから。

 

 そんな私達が、希望を忘れちゃダメですよね。

 

 「そんなに幸せなのに何を言うか

 

 って、怒られちゃいますよね。

 

 そして、もっと忘れてはいけない事があります。

 

 それは…

 

 この私達が手に入れている自由を、未来の子供たちにも繋げていくこと。

 

 そのためには…

 

 私達自身が、思っていることや感じていることを、どんどん発信していかないとですね。

 

 あなたは、いかがですか?

 

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、わたし自身のウツ病経験を踏まえて様々な支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

サービス案内は、こちらをクリック。

 

 



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。