うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

私もそうですよ

2017.12.04


 うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 最近、情報を無理やり食わされてる気がするんです。

 

 食べたくない情報も、無理やり。

 

 油断して口を開けていたら、そこに情報が放り込まれる感じで…

 

 「それ、食べたくなかったのに…

 

 って思っても、もう遅いわけです。

 

 一番分かりやすい例でいうと、先日あったM1グランプリ。

 

 同じ時間帯の、鉄腕ダッシュを見るという意味もあって、M1グランプリ(毎年開催される漫才のコンクール)を録画していたんです。

 

 お笑い好きの娘達にも了承を得て。

 

 そして、見れる時にみんなで見ようと思っていたんです。

 

 当然、それぞれの漫才も面白いですけど、誰が勝ち抜いて1位を取るのかも、大きな楽しみなわけです。

 

 だから、録画を見るまで、誰が1位になったのか知りたくないわけです。

 

 で、こういう時に油断をしていると誰かが「あのコンビが1位とはねえ」って話しているのを聞いたりします。

 

 もうガッカリですよね。

 

 映画を観る前に、結末を聞いちゃう感じと同じです。

 もう観る気がなくなりますよね。

 

 だから、最新の注意を払って、情報が入って来ないようにしてたんです。

 

 間違っても、自分で「M1 優勝」なんて検索したりしません。

 

 下手すると「M1」と入れただけで「M1優勝の○○○○…」なんて出てきてしまいますから。

 

 だから、出来るだけ情報を遮断していたんです。

 

 しかし、うかつでした。

 

 毎朝見ている番組があるんですが、そこで「次はM1優勝の○○が登場」って、くっきりはっきり出てました。

 

 ああいうのを、なんとかして欲しいんです。

 

 例えば「M1優勝のコンビが登場」っていう感じで出してくれたら、すぐチャンネルを変えることも可能です。

 

 情報を受け取るか受け取らないか、私達に選ばせて欲しいんです。

 

 それを、くっきりはっきりコンビ名を出されたら、もう目を閉じても遅いわけです。

 

 もう、見ちゃってますから。(泣)

 

 「あ~ぁ、見ちゃった~」

 

 と言いながら、娘の顔を見ると苦笑して「私は、昨日のうちに知ってた」とのこと。

 

 わざわざ、SNSで周ってきたそうです。

 

 これは、今に始まったことじゃないのはわかってます。

 

 そして、こんなことを言っても仕方ないこともわかってます。

 

 わざわざ言わなくても、大勢の人が気づいてるだろうとも思ってます。

 

 でも、あえて言わせて頂きます。

 

 油断してる間に情報が放り込まれるのって、危険だと思うんです。

 

 今回の例は、M1の優勝者を知ってしまうというレベルのものですけど、(それはそれで私は嫌なんですけど)これが人の心を苦しめたり、気持ちを暗くするような情報だったらどうするんだろうと思うわけです。

 

 知りたくなかったことを勝手に見せられて、明るかった気持ちが急に暗くなったり、悲観的なことばかり考えるようになるかもしれません。

 

 なるかもしれないではなく、すでになっていると思います。

 

 だからと言って「テレビを消そうとか「スマホもネットも遮断しよう」んて言うつもりはないんです。

 

 まぁ、1日くらい、そんな日を作るのもいいかもしれませんけど。

 

 そういうことを言いたいんじゃなく
て…

 

 「私は、こんなことを思ってるよ

 

 っていうことを、知ってもらいたいだけなんです。

 

 それが何になるのかって?

 

 「私も、同じことを思ってた~

 

 って、共感してくれる人がいるかもしれないじゃないですか。

 

 そして、もしかしたらそのことで、

 

 そう思うのは私だけじゃないんだ!

 

 と気づいて、安心してくれるのかも知れないじゃないですか。

 

 私が誰に何を言われようとも、他の誰かがそれで安心してくれるのなら、それでいいんです。

 

 だから、毎日発信しています。

 

 「私もそうですよ」って伝えるために。

 うつ病に伴う悩みや心配ごとなど、わたし自身のウツ病経験を踏まえて様々な支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

サービス案内は、こちらをクリック。

 

 イベントもやってます。こちらにも気軽にお越しください。



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。