うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

3倍の誕生日~2017版~

2017.05.26


「人生を輝かせたい」ウツ経験者専門コーチの中野です。

 

 ご存知かもですが、5月26日は妻と娘達の誕生日でした。(妻が自分の誕生日に双子を産んだので、3人とも誕生日が同じです。)

 

 昨年は、あることが原因で、大きなバースディケーキが3つ並ぶ出来事がありましたが、それはそれで良かったようで「えぇっ!1人1つずつ?!」と驚きながらも喜んでくれました。

 

 なので今年は、はじめから3つ買うつもりでケーキ屋さんに行きました。
(やっぱり、笑顔がみたいから)

 

 普通のバースディケーキを1つと、大きなロールケーキを2つ。

 

 次女は、イチゴが嫌いなので、全てイチゴ抜きの注文で予約。

 

 

 ケーキはこれでいいんですが、困るのが誕生日プレゼントです。

 

 

 昔だったら、子供が好きそうなものを適当に買っておけば良かったんですが、娘達は高校2年生。昔だったら、嫁いでもおかしくない年齢です。

 

 そういう意味では、大人の女性3人にプレゼントを渡す感じです。

 

 子供っぽくはなく、かと言って高級っぽいのも困るんです。私の懐事情の問題で。

 

 大人の女性が喜ぶもので、高くない誕生日プレゼントとは…

 

 そんな条件で、Googleさんに質問をしてみます。

 

 いろいろ出て来ました。

 

 

 そして、その中に衝撃の事実が…

 

 

 娘と妻のプレゼントは同じにしないようにしましょう。娘よりも妻のものを高めに設定すべきです。

 

 

 えっ?マジか!!

 

 

 今までは、全く同じにしてました。

 

 少なくとも、双子の娘に対しては、プレゼントに差があってはいけないと思っていて…その流れで妻のものも、同じにしてました。

 

 別に、妻も娘も同列に見てるつもりはありませんが「まぁ、同じ誕生日だし、親子だし」くらいの感じでした。(ん?同列に見てるってこと?)

 

 

 これが、ダメらしんです。

 

 

 やっぱり、妻は妻。別格として扱う感じが、プレゼントに表れていないと行けないそうで…

 

 

 そんなことを考えてると、ますますどんなプレゼントを買えばいいのか、迷ってしまいます。

 

 

 そもそも、人に何かプレゼントするとか、選ぶとか、すご~く苦手です。

 

 

 何を選ぶにしても、センスがない。

 

 

 そんな私に、なんてひどい仕打ちをするんでしょう。

 

 

 そんなことを思いながら、周辺の店をぐるぐる回っていました。

 

 

 結局、ふと目に入ったお花屋さんで花束を3つ予約しました。1つは他のより高めにして。(笑)

 

 

 そして、誕生日当日。

 

 

 滋賀にいる母から、誕生日ケーキが届き…4つのケーキに囲まれました。

 

 

ウツ病を経験した方だからこその悩みや心配事を、わたし自身のウツ病経験を踏まえ、解決のご支援をしてます。

 

 まずはお気軽に、ご連絡ください

 

サービス案内は、こちらをクリック。



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。