うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

親バカしてますか?

2017.06.08


「人生を輝かせたい」ウツ経験者専門コーチの中野です。

 

 

 「ベルト期が来ました」と報告したのが、ちょうど1週間前になります。

 

 

 お陰様でたくさんの方に見て頂き、ベルト期の到来を祝福する言葉も頂戴しました。ありがとうございます。

 

 

 そして、この嬉しさを共有したくて『ベルトは必要ですか?』を娘に見せました。

 

 

 すると…

 

 

次女
おぉ!凄いじゃん!ベルト期が来たんだぁ。(笑)
そうそう。やっと来たわ。
次女
多分、ベルトも喜んでるよ。やっと仕事が出来るって 笑
そやね〜。(笑)
次女
本当に凄いよ。頑張ったね
おっ…おぉ…ありがとう

 

 

 予想以上に喜んでもらうと、少し、戸惑ったりして…でも、嬉しいです。

 

 

 すると、さらに…

 

 

次女
実は、私も報告があります。
おっ!どうした?何やろ〜
次女
この度、副キャプテンになることに決定しました。
…副?…おぉ…おぉそうか。
次女
昨日、先生から発表があってさぁ…始めは戸惑ったけど…やっと腹が決まった感じ。
そうかぁ…そうなんやね

 

 

 2カ月前の記事にも書きましたが、部長/キャプテン/副キャプテンを、立候補で決める予定だったんです。

 

 そして娘は、キャプテンに立候補をするかどうか悩んでいたんです。

 

 そのことは、記事にも書きました。

 

 

 それが、その後に状況が変わって、「今年は先生が決めることになった」とは聞いていましたが…

 

 

次女
正直言って「2番手かよ!」とは思ったけど…ね…
まぁ…ね…
次女
副キャプテンって何をする人かわからないから、ネットで検索したらさぁ…特に仕事はないらしいんだよねぇ〜
ふ〜ん。そうなんや〜
次女
だからさぁ…昨日は、気持ちがクサクサしてたんだよね。
そうやったんやね
次女
でも、やっと腹が決まった。
そうやねんな

 

 

 最初は「無理をしてないかな〜」と心配しましたが、本人が決めたと言うなら、それを信じたいと思います。

 

 

ちなみに、部長は立候補してた子になったの?
次女
違うよ。別の子になった。
あれ?そうなんや。せっかく部長になろうとしてたのにね
次女
それで、部長に立候補してた子がキャプテンになった。
あっ、そう言うことなんか。それなら、良かったやんか。
次女
えっ?なんで?
だって電話をくれた子やろ?

 

 

 部長に立候補をしていたその子は、娘がキャプテンの立候補を躊躇した夜

・「立候補すると思ってたのに残念」

・「お前とやる前提で部長を選んだ」

・「別の奴がキャプテンだと不安だ」

と、わざわざ電話をくれたんです。

 

 なんて素晴らしい友達なんだろう。

 

 と、私は泣きそうになったんです。

 

 その時のことを思い出しながら…

 

あの子とタッグを組んでいくわけやから、いいコンビや。絶対にうまくいくと思うよ。
次女
先生もそんなことを言ってた気がする。
おぉ!先生!グッドジョブ
次女
それに、キャプテンはプレイヤーとして、前方からチームを引っ張って、副キャプテンはキーパーとして、後方からチームを支える感じだって。
先生!グッドグッドジョブ
次女
まぁ、そう言うこともあって「よし!やるか!」って感じ
そうか〜。いい感じやね。

 

 いい先生にも恵まれた様です。

 

 

 そして、娘が、誰かのせいや何かのせいにするわけでなく、目の前の状況を受け入れられるようになっている事を、私は誇らしく思っています。

 

 親バカしてますか?

ウツ病を経験した方だからこその悩みや心配事を、わたし自身のウツ病経験を踏まえ、解決のご支援をしてます。

 

 まずはお気軽に、ご連絡ください

 

サービス案内は、こちらをクリック。

 

 イベントもやってます。こちらにも気軽にお越しください。



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。