不安を手放し、安心を手に入れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

図書館と読書会

2016.10.01


開館と同時に都立中央図書館に入る。今日は電車で来たので、それほど汗はかいてない。広尾駅から歩いて8分。オシャレな店の前を少し気取って歩き 有栖川公園の中を進むと、奥にある。なんとなくリア充な気分になる。

 

◎二回目だと慣れる?

受付で、入館証と私物持ち込み用の袋をゲットし、ロッカールームに入る。 私物持ち込み用の袋に、パソコン等を入れたら、それ以外はコインロッカーにしまって、受付の女性に笑顔で会釈して横のゲートを通る。前回であれば 図書館に入ってゲートを通るまでに、軽く15分はかかっていたはずだが、 今回は5分もかかってないはず。何か嬉しい。

 

◎快適なオフィス

まずは1階にある精神医学系の専門書を物色。何冊か手に取りながら、近くで、空いてるパソコン利用席を探す。前回は埋まってた席も、今回は空席。席に座り電源ケーブルをさし、ネット環境に接続する。本を流し読みしつつ気になったことをパソコンにメモる。FaceBookにコメントが届く。コメントに即座に返信。リア充気分。

 

◎サテライトオフィスで食事

14時過ぎに図書館を出る準備開始。本を返却し、ゲートを抜け、ロッカーから荷物を出し、受付に入館証と袋を返す。広尾駅までの途中でサテライトオフィス(マクドナルド)に寄った。軽く食事を済ませた上で、恵比寿駅に向かって歩いた。

 

◎恵比寿駅近で読書会

恵比寿駅近くの読書会場についたのは15時過ぎ。15時15分開始だったので、少し早く着いたつもりだったが既にほぼ全員が揃っていた。まじめな方が多いと思うと、何かホッとする。
昨年、読書会運営の方法論を学んだが今日の主催者はその同期。会場を満席に出来る集客は、主催者の人柄が良いという理由だけではないと思われる。

 

◎<インターネット>の次に来るもの

今日の課題本は、現在凄く売れている〈インターネット〉の次に来るもので今年7月25日に第1刷が発行され、8月30日には、既に第3刷が発行。
これだけでも、どれだけ売れているかが読み取れるが、400ページもあるハードカバーの本を読書会で扱うのは(読書会の運営を学んだ身としては)かなりのチャレンジだと思う。正直、大丈夫だろうかと心配になった。

 

◎かなりの成果を得られた

しかし、そんな心配は無用であった。
全12章を、全員で分担して読みつつ全員でその内容を共有できた。また、各人が知りたいと思っていたことも、各人が持っていた悩み・課題なども、各人が次にどういう行動を起こすのかについても、全てが解決されたのだ。
読書会に参加したことがある私でも、信じられないほどの成果だった。

 

◎成果の一部を紹介

得られた成果を、全て紹介することは難しいが、一つだけなら紹介できる。本を読む前に、私が悩んでいたことに「毎日ブログのネタを探すのが大変。もっと自由に発信する知恵が欲しい」と挙げていた。そして得られた答えは「誰もマネできない個性を発信する」ということだった。そう言われると、むかし誰かに同じ様なことを言われた気がする。大事な気づきを有難う。

今日は、少し文体を変えてみました。
「なんか日記っぽくっていいかな~」
なんて思ったのですが、如何ですか?
また、明日からは元も文体に戻しますが、好評のようなら、また使います。
使うか使わないかは、あなた次第です
な~んてね。

 

何かお手伝いできることがありましたら、気軽にご連絡ください

t-nakano@tokasu.com

サービス案内は、こちらをクリック。



PDF

関連記事

  • はじめてのマインドフルネス実践2017年5月26日

Events

  • No Events

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。