不安を手放し、安心を手に入れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鳩山邦夫氏が、お亡くなりになって…

2016.06.23


鳩山邦夫氏が、お亡くなりになったと朝のテレビで初めて知りました。

 

私が聞いていた話では「政界渡り鳥」とか「死神」などと呼ばれた人という印象でしたけど…

 

お亡くなりになった後のテレビでは、良いエピソードがいろいろ紹介されていました。

誰にでも、平等に優しい人だった

・感情が顔に出るウソがつけない

手料理を人に振る舞うのが好き

など、かなり親近感を感じました。

(「誰にでも、平等に優しい」以外は私も同じです。)

 

また、元秘書の上杉隆氏が書いていた「週刊・上杉隆」には、こんなことも書かれてました。

 

ーーーーーー以下、抜粋ーーーーーー
元秘書:仮に、明日死ぬとして、政治家としてひとつだけ好きなことを実現させてやると神様に言われたら、代議士は何を望みますか?

(総理大臣か都知事と答えると想定)

鳩山氏:日本中の道路や河岸のコンクリートを全部ひっぺがえして、緑にしたいなぁ

 

「…政治記者やテレビのコメンテーターは、鳩山氏の発言のウラに、何らかの政治的思惑を見つけようとする…大抵外れる…鳩山邦夫という政治家は、言ったまま、見たまんまの正直な人物だからである。」

ーーーーーー以上、抜粋ーーーーーー

image

より一層、親近感が湧きました。

 

できるなら、お亡くなりになる前に、一度、お会いしてみたかった。

 

でも、不思議ですよね。

 

ご存命の間は、そういう感じもなく…

 

それどころか『政治家=嘘つき』と、

思い込んでいましたので…

 

それが、エピソードを聞くだけでも、親近感を感じるようになるんです。

 

知らないって怖いものですね。

 

そして、思い込みも怖いものですね。

 

そして、マスコミも怖いものですね。

(私の思い込みはマスコミの影響)

 

もうすぐ選挙が始まります。

 

政治家の中には嘘つきもいるでしょうが、正直な人もいるようです。

 

間違った思い込みや情報に惑わされずに、正直な人を選んで、投票したいと思います。

 

今日は、普段と違う感じの投稿です鳩山邦夫氏が、お亡くなりになって、気づいたことを書きたくなりました。

 

たまには、こういう日もあります。

 

最後になりましたが、鳩山邦夫氏の、ご冥福をお祈り致します。

 

そして、日本中が緑で溢れるように、天国から見守っていて下さい。

 

ありがとうございました。



PDF

関連記事

  • はじめてのマインドフルネス実践2017年5月26日

Events

  • No Events

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。