不安を手放し、安心を手に入れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが良いと思えば良い

2016.08.29


先日「とっても参考になりました!」とコメントを頂きました。このような言葉を頂くのが夢だったので、とても嬉しく思っています。しかし、ここに至るまでの道のりは非常に長い訳で…

 

◎当初から良いものを書こうと…

当初から『参考になった』と言われるために「何か新しい情報を含まねば」とか「何か気づきを与える内容を…」とか考えながら書いてはいたのですが「全体的にカタイ。学術論文みたい」とか「つよちらしくないよね」等々の(愛のある)コメントを直接頂いて…
『私らしさ』って何ですか?参照)
普段、話している様に書こう!」と決めたら、少し楽になりました。

 

◎何が良いと思うかは自由

とは言え最初は戸惑ったりしました。
・私には面白くても、他の人には…
・すべったら、恥ずかしいしなぁ〜
・この内容で、喜ぶ人がいるのか?
なんて思いながら、続けてみました。そうしたら「いつも心温まるブログをありがとう」というコメントが届き…目からウロコというか、とにかく驚き「心温まる?どのブログ?いつも?」嬉しさもありましたが、混乱もあり…で気づいたんです。「読んでくれた方が『どこが良いと思うか』は自由で、それは私の想像を超えている。だから伝えてみないと、それがどう思われるか全く分からない。だから、モジモジせずに、まず伝えてみよう!」って。

 

◎何かを紹介するのをためらう

似たような話ですが、人に何かを紹介するのも、ためらったりしませんか?
・自分には良かったけど、他の人は…
・もしも「別に…」って言われたら…
・何か紹介されて喜ぶ人なんている?
何かを紹介すると喜ぶ人もいるけど、殆どの人は、紹介されると面倒に思うんじゃないかと思ったりしませんか?(えっ?なるほど…それもあります)これを考える時に、20年前のことを思い出してしまうんです。

 

◎紹介されずに悲しむ人がいる

20年前に、ある自己啓発のセミナーを受講した際「セミナーの事を、友人に紹介しよう!それで受けてくれるかどうかで、本当の友人が分かるぞ!」的なことを言われ、やってみました。(いまでもトラウマになっています)それでも聞いてくれそうな友人から、優先して連絡するわけですが、友人も正直ですから「そういう話なら結構」とか「もう二度と連絡してくれるな」等々、いろいろ言ってくれる訳です。(今では、良く言ってくれたと感謝)その時は「私に本当の友人は居ない」(正直なのが本当の友人なんですが)と、すっかり落ち込んでしまい…人に紹介するのが怖くなり…それから何年か経ち、別の友人と会った時「他の人には紹介したみたいだけど僕には紹介してくれなかったね。」と言われて…愕然としました。良かれと思って紹介しなかった事が、友人を傷つけていたのです。事情を話し理解して貰いましたが「誘ったら、受けてた?」と聞くと「それとこれとは話が別」との事。(そりゃぁ、そうですよね。)

 

◎良いか悪いかは相手がきめる

で結局、何が言いたいかと言いますと
・誰かに強制される紹介は、絶対ダメ
・自分が良いと思うものが、一番良い
・あなたからの紹介を、待つ人がいる
・紹介内容を、どう受け取るかは自由
・あなたの想像を超えて喜ぶ人もいる
ということなんです。それに気づいてからは、書いた後のブログが独り歩きする様な感覚と言いますか、この子達を産んだ責任はありますが、この子達が、誰にどう受け入れられるのかは、受け入れてくれた方の自由なんだなと改めて思うわけです。

image

◎やっぱり褒めれると嬉しい

ということで書いた後は、手を離れるこの子達ですが、この子達が出会う人毎に違うメッセージを伝えて、そしてそれを受けとった方から、喜びの声が聞けると、やっぱり嬉しいわけです。
先日会った友人は、最近の相談ブログ(誰よりも、心に寄り添い相談にのる─8月29日現在、17まで公開済)を見て「相談部分を読んだ後、回答は読まずに『自分ならどう答えるか』を考えた上で、回答部分を読んでいる」と読み方を教えてくれました。そして「いつも、自分の答え方と違うから、凄いな〜と感心している」とのこと。(答えも、千差万別になるんですね)
ちなみに、相談ブログに関しては、
素敵な寄り添い方ですね
こういった相談ができるのは心強い
という別の方からのコメントも頂き、自分が褒められたと思うと恥ずかしいですが、子供達が褒められたと思うと誇らしい感じがするのが不思議です。

 

◎子供達に沢山の出逢いを

最近、夢見ていることがありまして、それは「この子達が、私の知らない所で沢山の人に出逢い、出逢う人を幸せにし、その活躍を噂で聞く」という事です。それがどれくらい先の話になるのか…わかりません。が、いまできることは、この子達が少しでも多く方に出逢える機会を作ることと思います。もちろん、どの子が誰に気に入られるのかは、紹介する方次第ですけどね。

 

 

何かお手伝いできることがありましたら、気軽にご連絡ください

t-nakano@tokasu.com

サービス案内は、こちらをクリック。



PDF

関連記事

  • はじめてのマインドフルネス実践2017年5月26日

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。