うつ病への怖れを手放し、安心を手に入れる

何かが気になって仕方ない時


うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 昨日は、大事な試合の前日に緊張して眠れないという娘の話をしました。

 

 そして、そんな娘に簡単な瞑想方法を教えたところまで話しました。

 

 今日は、その続きの話です。

 

 娘が寝床に入ったあと…

 

 私は、酎ハイを飲み切ってから寝ました。

 

 そして、翌日。

 

娘:お父ちゃん。

私:おっ!ゆっくり寝られたか?

娘:結局、3時くらいまで起きてた

私:えっ?なんで?

娘:息を数えながら、他の事を考えることができちゃったんだよね。笑

私:おぉ!それはハイスペックやね〜

 

 そう言えば、忘れていました。

 

 男性と違って、女性には複数のことを同時に処理する能力がありました。

 

娘:結局、眠れるまでゲームしてた。

私:ありゃりゃ〜

 

 寝る前にスマホなどでゲームをするのって良くないんですけどね。

 

 まぁ、ゲームに集中できたことで、試合のことが気になっていた状態から開放されたんでしょうけど。

 

 さすがに、ゲームをしながら試合のことを考えるのは無理だった様です。

 

 そういう意味では、昨夜の娘の判断は正しかったのかも知れません。

 

 但し、これからも何かが気になって仕方がない時があるたびに、ゲームをやるという選択肢しかないのは不健康だと思うわけです。

 

 それに、常にゲームを持ち歩くわけにも行きません。

 

 仮に持ち歩いていても、ゲームなど出来ない状況もあると思います。

 

 ゲームがあろうがなかろうが、自分の気持ちを切り替えて、気になることを手放せるようになっていて欲しいと思うわけです。

 

 だから、また新しい方法を伝える事にしました。

 

私:ちなみに、他のことが気になってしまう時に、他のことを気にしない様にしようとすればするほど、気になるってことがあるよね。

娘:そうそう。

私:そんな時は、気になってることを認めた上で、雲の様に流すといいよ。

娘:えっ?どういうこと?

私:まずは「気になってるんだなぁって、気になっていることを受け入れた上で、その気になってることが雲の様にフワフワと浮かんでいくイメージをする。

娘:それで?

私:それで、空に浮かんだ雲が、風に吹かれて流れていくイメージをする。他に気になることが出てきたら、また「気になってるんだなぁ」って、受け入れて、その気になってることが雲の様にフワフワと浮かんでいくイメージをする。それを、何かが受かんでくるたびに続ける感じ。

娘:ふ〜ん。

 

 その後、私は仕事に出かけました。

 

 あの日、娘は最高最善の状態で試合に臨むことが出来たのか。

 

 試合の結果がどうだったのか。

 

 娘にとって、悔いのない戦いが出来たのか。

 

 私は、気になって仕方がありませんでした。笑

 

 それはそれでいいんですけどね。笑

 うつ病に伴う悩みや心配について、わたし自身のウツ病経験を踏まえて解決に向けた支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

サービス案内は、こちらをクリック。

 

 イベントもやってます。こちらにも気軽にお越しください。



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。