不安を手放し、安心を手に入れる

イライラチャンス3(会議室予約にて)


「人生を輝かせたい」ウツ経験者専門コーチの中野です。

 

 よく、ワークショップやセミナーを開催する際に、貸し会議室を使用するのですが、その際によく利用するのが『Spacee(スペイシー)』という予約サイトです。

 

 扱っている会議室の件数も多くて、条件も細かく設定して検索できるので大変助かっています。また、これまで何度も利用してますが、特にトラブルもありませんし、大変満足してます。

 

 

 それなのに…

 

 

 私は浮気をしてしまいました。

 

 

 たまには、他も試してみたくなったんです。

 

 

 そしたら、恵比寿駅の近くに、1円で借りれる会議室が見つかりました。「1時間1円って、凄く怪しいよな」とは思いましたが、予約サイトは有名なスペース●●●でしたので、信じて「何かあっても対処してくれるはず」と申し込んだんです。せっかくなので4時間の予約をしました。(計4円)

 

 しかし、3日経っても連絡がなく…「諦めて、他の会議室を探そうかな」と思っていたら、5日過ぎて貸主から「金額が4円となっております。一度お電話いただけますでしょうか。」とメッセージが…「いまさら何だ!?」と怒りが湧きましたが…いつもの様に気持ちをおさめます。でも、電話などしません。なんか危険な感じなので。

 

 放っておくと、貸主からの予約変更依頼が届きました。スペース●●●の予約サイト上の機能で、その予約変更依頼を承認すると、その内容で予約が上書きされます。依頼を却下すると、元の予約のままとなります。そして、その予約変更依頼は「1時間千円で、4000円に変更する」という内容。「ふざけるんじゃないよ!」と怒りが湧いて来ましたが…気持ちをおさめ…静かに却下ボタンを押しました。

 

 「貸主からキャンセルされるかな」と思ってました。それなのに今度は、「予約リクエストが承認されました。料金の支払いを行い予約を完了させてください。」とメールが届きました。

 

 「えっ?承認されたの?だったら、さっきの予約変更依頼は何やねん!」と、またイライラが湧いてきますが…気持ちをおさめて…振込をしました。4円+手数料174円=計178円。

 

 そして翌日、メールが届きました。
「利用料金のお支払いを確認し、予約が完了しました。」

 

 

 「いろいろあったけど、一安心や」と思っていたら、貸主からメッセージ「料金設定が間違っておりますので、キャンセルさせていただきます。」

 

 

 「なんでやねん!」と、思わす声が出てしまいましたが…一呼吸おいて…冷静に考えようとする私に、メールで「ホストにて予約がキャンセルされたため、お支払い済みのご利用料金を、返金させていただきます。つきましては…返金先の口座情報…ご返金金額:4円…」

 

 「振込手数料は、どうすんねん!」と、思わす声が出てしまいましたが…また、一呼吸おいて…冷静になって…「まぁ、178円払ってブログのネタを買ったと思えば、安いもんかもな」と呟き、メールに返信しました。

 

 

 今回は、何度もイライラスイッチを押されてしまいました。ですが、暴走手前で止められた気がします。しかしなぜ、こんなにも私は試されるのか…

 

 まぁ、浮気さえしなければ、こんなことにはならなかったんですけどね。

ウツ病を経験した方だからこその悩みや心配事を、わたし自身のウツ病経験を踏まえ、解決のご支援をしてます。

 

 まずはお気軽に、ご連絡ください

 

サービス案内は、こちらをクリック。

 

 イベントもやってます。こちらにも気軽にお越しください。



PDF

関連記事

Events

  • No Events

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。