不安を手放し、安心を手に入れる

私達を苦しめる正体


うつ病再発予防コーチの中野です。

 

 

 突然ですが質問です。

 

 

 あなたの目の前に、コップが置いてあることをイメージしてください。

 

 

 それは、良いですか?悪いですか?

 

 

 「はぁ?何を聞いてるの?

 

 「良いも悪いもないでしょ?

 

 

 そう思ったあなたは…

 

 

 正解です。(笑)

 

 

 おっしゃる通り、良いも悪いもないですよね。

 

 

 

 

 でも、もしこういう背景があったらどうでしょう。

・そのコップは、昨日、片付けなさいと言ったのに放置されていたもの。

 「なんで片付けられないんだよ!

 

 なんかイライラしてきません? 笑

 

 

 今度は、こういう背景は如何?

昨夜は帰って来なかったのかと心配してたら、朝、コップがあった。

 「あぁ、帰って来てたんだなぁ~

 

 なんだかホッとしませんか? 笑

 

 

 こういうのはどうですか?

・一人暮らしの部屋。片付けたはずのコップが、机に出されていた。

 「えっ?誰がこの部屋にいたの?

 

 なんだか背筋が寒くなりませんか?

 

 

 まぁ冗談はさておき…何が言いたいのかというと、目の前にコップがあること自体には良いも悪いもないのに、そこに解釈が入ると変わってくるんだということなんです。

 

 

 つまり、目の前で起こる出来事には良いも悪いもないのに、その出来事を瞬時に解釈して、その解釈した結果で感情が揺り動かされるわけです。

 

 そして、解釈は瞬時に無意識にするものなので、自分が解釈をしたことに気づかない場合が多いわけです。

 

 その結果として、目の前の出来事が感情を揺り動かしたと勘違いするわけです。

 

 

 実は、私達を苦しめる正体は解釈だということに気づかずに。

 

 

 だから、気づいて欲しんです。

 

 目の前のコップに良いも悪いもないということに。

 

 目の前の出来事に良いも悪いもないということに。

 

 私達には、解釈を選択できる能力が備わっているということに。

 

 あなたには、何が届きましたか?

 うつ病に伴う悩みや心配について、わたし自身のウツ病経験を踏まえて解決に向けた支援をしています。

 

 まずは気軽に、ご連絡ください

 

サービス案内は、こちらをクリック。

 

 イベントもやってます。こちらにも気軽にお越しください。



PDF

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。